新宿・池袋・六本木・西東京市・横浜を中心に展開しているボイトレ

【ライブ前のコンディションの整え方】

【ライブ前のコンディションの整え方】

2016. 3.31 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

ライブ前、もしくはレコーディング当日、
風邪を引いてしまって声が出ない・・・
喉がやられてしまった・・・
など、
本番当日に本来の声の調子が出せないというのはとても辛いことです

 

本人にとっても、お客さんにとっても。。。
当然、本人の都合だけでスケジュールの変更は出来ませんので、
そうならないためにも、ライブ前などは特に喉のケアには気をつけたいものですね。

 

今回は、ライブやレコーディング前の声のコンディションの整え方について
お話して行きたいと思います。

 

 

【声のコンディションの整え方】
@お酒を控える
お酒が好きな人からすると我慢するのは大変かもしれません。
ライブ一週間前から控える、、、なんて方もいますが、
そこまでしなくても良いと思ってます。
ただ、喉の調子には個人差があるので、一週間前から控えられるのであればそれに越したことはありませんが、本番の1日、もくしは2日前くらいから控えるよう心がけると、喉に良いと思います。
少し控える心がけをすると良いですね。

 

※お酒を飲むと声帯周りが充血して、機能低下します。そしてその状態で声を出すことが一番喉に良くありません。お酒を飲んだら大きな声を出したり、歌ったりすることは避けましょう。
これをやってしまうと数日間声枯れが続くこともあります。

 

 

Aたばこを控える
そもそもたばこを吸うことは喉に良くありません。(声にあまり影響ない方もいますが。。。)
辞められるのであればそれが一番ですが、そう簡単にやめることも難しいと思います。
できれば一週間前から、難しければ3日か2日前くらいから控えましょう。
声の出が格段と違うと思います。

 

私も以前はたくさん吸っておりましたが、
辞めたことで声がとても楽に、そして高音も出るようになりました。

 

騙されたと思って試して見てください。
人によっては1日控えただけで全く変わる方もいらっしゃいます。

 

参考リンク⇒【たばこと声の関係性】

 

 

B歌い過ぎないようにする
本番前はリハーサル等もたくさんしたいところですが、
声の出しすぎで喉を痛めてしまっては本末転倒です。
毎日練習することは大切ですが、やり過ぎないように心がけましょう。

 

 

C練習後の喉のケア
本番前の練習後、喉のケアは怠らないようにしましょう。
歌った後、暖かいハーブティーやスロートコート、紅茶等が喉に良いです。
また、のど飴を舐めて乾燥しないようにしたり、マスクを着用して
喉への乾燥を防いだりすることも効果的です。

 

喉に良い飲み物については【歌った後の喉に良い飲み物】を参照して下さい。

 

 

D睡眠をしっかりとる
身体は、気づかないうちに疲れを溜めてしまうものですので、最近喉の調子がおかしいかな?と感じたら、いつもより1時間でも多く睡眠をとるよう心がけてみて下さい。
それだけで声の調子が戻る方も多いです。

 

特に本番前は準備をするために夜更かししてしまったりすることも多いと思いますが、
なるべく睡眠に時間を充てられるようにしてみて下さい。
より良い本番を迎えられるはずです。

 

以上5項目をご紹介しました。
喉のケアについては以前にもご紹介しましたので
下記にリンクを貼っておきますので是非参考にしてみて下さい♪

 

 

[関連項目]
【喉のケアについて】
【歌った後の喉に良い飲み物】
【たばこと声の関係性】
【声と睡眠】
【普段何気なく行っている喉に良くないこと】

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールは、
新宿・池袋・六本木・西東京市・多摩エリア・横浜を中心に都内で展開しています。
未経験の超初心者からでもプロの声を確実に養えるボイトレ。

 

開始わずか半年でプロレベルの歌唱力まで引き上げたボーカルトレーニング!
★「いつかは私もボイストレーナーとして活躍したい!」という方へノウハウを伝授します!
★人間関係・信頼関係の構築に必須のコミュニケーション力を高めるための“話し声”を作る!
★元不動産営業から学ぶ、120%の売り上げUPを実現したビジネスのためのボイストレーニング!

 

一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。

 

------------------------------------------------------
随時、無料体験レッスンを実施しております!
お問い合わせはこちら

 

 

また、トップページ『@LINE』からでも、無料体験レッスンのご予約・その他お問い合わせが出来ます。是非お気軽にお問い合わせ下さい♪

------------------------------------------------------
【各レッスンコースの紹介】

------------------------------------------------------
 
『ボイストレーナーChihiRo』のYoutubeチャンネルはこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UC6hqZHEUnQvzTdQ5JRRtBAQ?view_as=subscriber
------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 


関連ページ

【圧倒的な歌唱力を身につける方法】
【ボイトレは誰でも必須!!声だけで人間関係が変わる!】
【ライブ前の声のコンディションの整え方】
【確実に歌が上手くなる3ステップ!!】
【歌う前に飲んだらNGな飲み物・食べ物について】
【歌う時に絶対にやってはいけない3つのこと】
【歌が上手いってどういうこと?どういう所で歌が上手く感じるのか!?】
【バレンタイン向け♪男性ウケする女性の歌と選曲とは!?】
【ボイトレ初心者の9割が陥るやってはいけない発声方法】
【小さな声で歌う練習をする意味とは!?】
【ライブで使う音源の用意の仕方】
【原曲キーで歌いたいけど歌えない。曲を変えた方が良い!?】
【オススメ!喉開けトレーニング法!】
【高いラ(A4)を楽に出すには、◯◯まで出せるようになる必要がある!!】
【『声の響き』って良く耳にするけど何?】
【大きな声や高い声が出せないのは気持ちの問題!?】
【歌の練習は毎日するべきなのか!?】
【『喉を開く』感覚とはどういうものか!?】
【いざ人前で歌えない方は○○が問題!?】
【カラオケでカッコ良く歌うためのコツ!これであなたも人気者!】
【プロを目指す9割の人に足りないプロボーカリストに必要な事】
【練習曲の選曲の仕方と練習における注意点】
【ボーカリストは筋トレした方が良いのか!?】
【歌唱力を身に付ける一番の近道】
【自分の声質・印象のセルフチェック!】
【声を出さずにできる!?自宅でも可能なボイストレーニング】
【電話・マイク等、機械に声を通す場合の発声について】
【あがり症の方へ。正しい呼吸法や発声法で落ち着いて話すことができます。】
【喉を開けて歌う練習方法とは?最適な練習曲は?】
【実は多くの人がやっている!?間違ったボイストレーニングとは】
【肺活量を増やす方法】
【深夜でもできるボーカル練習法】
【ボーカルのライブ当日の持ち物チェック】
【自分の歌声の魅力を知る】
【歌手になるためには・・・】
【歌に基礎トレーニングは必要か】
【歌を学ぶにあたっての心得】
【自分らしく歌う。】
【マジメに歌わなくていい】
【ライブパフォーマンスとボイストレーニング】
【歌う前のウォーミングアップについて】
【歌がうまいとはどういうことか】
【変声期とボイストレーニング】
【ステージングをかっこ良く魅せるコツ】
【歌う前に行うウォーミングアップ】
【声と睡眠】
【歌と食事】
【歌の練習場所について】
【歌う時の服装について】
【声質による印象(整数次倍音と非整数次倍音)】

TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験予約・問合せ