【フレーズの歌い始めと歌い終わり】

【フレーズの歌い始めと歌い終わり】

2016.1.28 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

今回はとても大切な部分のお話をしたいと思います。
フレーズの歌い始めと歌い終わりについてです。

 

歌い始めの入り方一つで、
そのフレーズの表現や気持ちの伝わり方がまるで違ってきます。
また、フレーズの終わりをしっかり締めないと、
それまでどんなに上手に歌い上げていても、台無しになってしまいます。

 

今回、それらをどのように処理して歌い上げれば良いのか、
具体的にご説明していきたいと思います。

 

※文章だと伝わりづらい部分があるかもしれません。ご容赦下さい。

 

 

【歌い始めについて】
例えば “明日へ向かって走ろう” という歌詞があるとします。

 

この場合の歌い始めの言葉は 「明日」 の 「あ」 です。
いくつかパターンがありますのでご紹介します。

 

ストレートに「明日へ」と入る
しゃくりを入れながら「ぁ明日へ」と入る :小さい声で「ぁ」と発音してから「明日へ」に繋げます。
エッジボイスを入れてから入る :「ぁ゛明日へ」という風に、「明日」の前にエッジボイスで小さく「ぁ゛」を入れます。
・ストレートに「あ」で入った後、一瞬だけ軽く「n」を入れる。「あnしたへ」 となります。
「あ」の前に子音の「H」を入れる。
 「H〜明日へ」となります。子音の「H」は無声音のため、息だけになります。
 なので、「(息)〜明日へ」というイメージの方が解り易いかもしれません。 
・スタッカートのようにキレ良く入る :勢いを付けて入るため、「っ明日へ」のように小さな「っ」を入れます。
・「あ」を発声する直前に半音高い音から入り、一瞬ですぐに正しい音に戻る。(フォール

 

 

【歌い終わりについて】
同じく “明日へ向かって走ろう” という歌詞を例にしていきます。
これもいくつかパターンを挙げていきたいと思います。

 

・ストレートに「走ろうー」と伸ばし、途中でプツっと切って終わる。
・ストレートに「走ろうー」と伸ばし、フェードアウトしながら終わる。(音量をだんだん小さくしていく)
ビブラートで「走ろう〜〜〜」と揺らしながら伸ばし、途中でプツっと切って終わる。
ビブラートで「走ろう〜〜〜」と揺らしながら伸ばし、フェードアウトしながら終わる。
・ストレートに「走ろうー」と伸ばし、途中で全身脱力して音を切る
 「走ろうーーぉっ」という感じで、小さい「ぉ」の部分で一気に脱力し、同時に息も吐ききる。
音程を下げて終わる

 「走ろうーおぉっ」のような感じで、伸ばした後の終わる瞬間に、音程を1音下・2音下へと、階段のように一瞬で下がる。
・伸ばす部分で、スラーで滑らかに半音下がりながら終わる

 

以上です。
現代の歌手の歌を聴いていると、例に挙げたテクニックがほとんどです。
世界には他にもたくさんのテクニックがあるかもしれませんね。

 

入りや終わりのテクニックはアーティストさん各々の癖や特徴が出やすい部分ですので、
いろいろなアーティストさんをたくさん聴いて、自分の歌に取り入れてみて下さい。
必要な部分で自分の表現を自由に使えるように、
このような細かいテクニックの引き出しを増やしていくと良いと思います。

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
皆さんの好きな曲を、イメージ通りに歌えるように
ブレーズのレッスンを行っています。
是非一度、体験レッスンをお試し下さい♪

 

 

 

 


TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム