新宿・池袋・六本木・西東京市・立川・越谷を中心に展開しているボイトレ

【喉声を解消する方法!理論的に解りやすくお伝えします】

【喉声を解消する方法!理論的に解りやすくお伝えします】

 

 

 

2020.2.9 

 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーのChihiRo(鈴木智大)です。

 

 

タイトルにある通り、喉声と言うとどのような声をイメージしますでしょうか?

 

 

通らない声、細い声、ガラガラ声、色んなイメージがあると思います。

 

 

これは歌でも話し声でも共通して言えることで、どちらも通る声は必須です。

 

 

歌は特に音の高低差が大きいため通る声を出せていないとすぐに声が嗄れてしまいます。
話し声についても喉声によって何度も聞き返されたり説得力に欠けたりも、ビジネスや私生活にも支障が出る場合がとても多い。

 

 

喉声を解消することは歌をやっている人だけでなく、全ての方に関係してくる話だと確信しています。

 

 

今回は喉声で悩んでる方のために、
私の知識をフル活用して解消法や練習法をお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

【喉声の原因】
 そもそも喉声になる原因を考えていきたいと思います。
声をしっかり出せていない状態、すなわち発声するたびに喉に負担がかかり喉が痛くなったり、声が詰まったような状態になることです。

 

 

 子供の頃は皆、周りの目もはばからず大きな声で叫んだりしたと思いますが、大人になるにつれ周りとの関係やマナーなど、社会で生きていく上で必要なスキルを身に付けていきます。その中で声の大きさを控えるということを無意識のうちに考え、無意識のうちに声が小さくなり、結果的にボリュームを出さずに済む喉声に移行していくのだと考えます。これらは社会で生きていく上でのマナーとしては良い方法だと思いますが、自分自身の喉には大きなダメージになりかねません。

 

 

 発声している本人は体感として喉が痛くなりますので気づきやすいですが、第三者はその人の声の響きを聞いて判断するしかありません。我々ボイストレーナーもその方の声の響きを聞いて喉声か否か判断いたします。

 

 

 そもそも声は声帯で声帯摩擦を起こすことによって生まれます。そして喉や口を通って声として外に出ていきます。この時声が通過する箇所に存在するものは喉の筋肉と舌だけ。なので喉声の時に喉で起きている現象としては、舌や喉の筋肉の動きによって声や息の通り道を狭くしたり塞いでしまっている状態なのです。

 

 

では喉声では無く、通声を作るにはどうすれば良いのでしょうか。

 

 

 

 

【通る声を作るためのメカニズム】
 前述した通り、喉声は喉の筋肉や舌の動きによって声の通り道が狭められることによって起こります。そう考えると、逆に喉の筋肉や舌の動きによって声の通り道が広がると通る声が作られると考えられます。

 

 

 喉を開いた状態とはどういった状態か。
それはあくびをした状態です。人は眠くなるとあくびが出ます。このあくびで息を吸っている時こそ喉が大きく開かれる瞬間です。喉を開いた状態を解説すると単純にこれだけなのですが、実際の発声につなげるための喉を開く練習法やエクササイズは次項にてご紹介いたします。

 

 

 

 

【喉声を解消するためのエクササイズ・練習法】
前項にて喉を開いたときの状態についてお伝えさせていただきましたが、単純にあくびをした状態のまま発声をすると単に野太い声にしかなりません。そのためあくびした状態をそのまま発声に活かす事は難しい。

 

 

ではどのような方法で練習すると良いかご説明いたします。

 

 

感覚的なところもありますし、感じ方捉え方は個人差がありますのでなるべく多くの方が分かりやすいと感じる方法でお伝えさせていただきたいと思います。

 

 

@ペットボトルをくわえながら発声・歌唱する
ペットボトルをくわえることで喉が開かれます。あくびをした時とは若干感覚的に異なりますが喉が開いている状態には変わりません。ペットボトルをくわえている状態、すなわちある程度口を開いた状態を作れば喉は簡単に開くのです。極端に舌が大きいといった理由でこれだけでは喉が開けない方もいらっしゃいます。そういう場合は舌を下の歯の先端にくっつけた状態でなるべく脱力すると喉が開きやすくなります。

 

 

ペットボトルをくわえた状態で発声することで強制的に喉を開くことができ、その感覚を身に付けることができます。また、ペットボトルの空間を利用して声の響きを確認することができます。響いている時はペットボトルがより振動しますし、喉声になってしまっている場合はペットボトルの振動が弱くなります。これを1つの判断基準にすると良いでしょう。

 

 

A顎を斜め45度に上げ口を「あ」の形にする
顎斜め45度上げることによって気道が確保されまっすぐになります。その状態で口を開くと当然喉が開いた状態を作り出すことができます。いたってシンプルな方法ですが非常にわかりやすい方法としてボイストレーニングの現場で多くの方が実践している方法です。

 

 

 

 

 喉声を解消するための方法としては以上の2つの方法を継続トライしていただくことで解消することが可能です。良い意味で癖付けて、感覚的に自然に出来るようにペットボトルなどの道具を活用するのは非常に効果的です。ぜひ試してみてください。

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールは、
新宿・池袋・六本木・西東京市・立川・越谷を中心に都内で展開しています。
未経験の超初心者からでもプロの声を確実に養えるボイトレ。

 

 

開始わずか半年でプロレベルの歌唱力まで引き上げたボーカルトレーニング!
★「いつかは私もボイストレーナーとして活躍したい!」という方へノウハウを伝授します!
★人間関係・信頼関係の構築に必須のコミュニケーション力を高めるための“話し声”を作る!
★元不動産営業から学ぶ、120%の売り上げUPを実現したビジネスのためのボイストレーニング!

 

 

一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。

 

 

------------------------------------------------------
随時、無料体験レッスンを実施しております!
お問い合わせはこちら

 

 

 

 

また、トップページ『@LINE』からでも、無料体験レッスンのご予約・その他お問い合わせが出来ます。是非お気軽にお問い合わせ下さい♪

------------------------------------------------------
【各レッスンコースの紹介】

------------------------------------------------------
 
『ボイストレーナーChihiRoチャンネル』のYoutubeはこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UC6hqZHEUnQvzTdQ5JRRtBAQ?view_as=subscriber
------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験予約・問合せ