【Mr.Children 桜井和寿さんの高音発声について】

【Mr.Children 桜井和寿さんの高音発声について】

2016.11.9 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

今回はMr.Children 桜井和寿さんの高音の発声についてお話していきたいと思います。

 

Mr.Childrenさんは音楽シーンを牽引し続けてきた誰しもが認める日本を代表するバンドです。
そのボーカルを務める桜井和寿さん。
参考にできることだらけですが、今回は特に魅力的な高音の発声テクニックにフォーカスしていきます。

 

【桜井和寿さんの高音発声】
桜井和寿さんの声の特徴として、高音は細くて力強い声を響かせて伸びやかに歌い上げます。

 

ライブ映像を見ると一目瞭然ですが、桜井和寿さんは高音を出す際、表情筋をしっかり上げて明瞭に響かせております。

 

よく日本人は口を動かさないなんて言われる事が多ですが、桜井さんのように口をしっかり動かすことで、高音を出しやすくしているのです。

 

低音域は周波数が低く、高音域は高い周波数が出ております。

 

高い周波数の音ほど上へ音が抜けていきやすいという特徴があるため、表情筋を上げることで音が抜けやすくなる点。
また、口を広く開けることで口腔内での共鳴がしやすくなる点。
これらがうまく機能し合って結果、歌いやすくなるのです。

 

桜井和寿さんの歌い方は見ても分かりやすいですが、他のプロボーカリストさんを見ても、基本的に高音発声は表情筋をしっかり使う方が多いです。

 

是非ご自身が歌う際にも活用してみてはいかがでしょうか。
(自分でやる場合、やってるつもりでも意外と口が動かせていないことが多いため、鏡で見ながらやると効果的です。)

 

【高音の練習をする際の注意点】
高音の発声が苦手という方は多いと思います。

 

カラオケなどで歌の練習をする方は多いですが、原曲キーで歌うかどうか迷う人も多いのではないでしょうか。
基本的には自分のキーに合わせて歌うのが一番良いです。

 

原曲キーで歌いたいからと言って、自分のキーに合わないにもかかわらず無理して歌い続けると喉を痛めてしまい、逆に声が出にくくなってしまうなんてことがあっては本末転倒です。

 

無理せず、

 

@自分に合ったキーで
A練習しやすいテンポで
B正しい発声方法で

 

練習するよう心がけましょう。

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
ボイトレの無料相談も承っております。
お問合せフォーム、もしくはTOPページの「LINEロゴ」からお問合せ下さいませ♪

 

 

 



TOP 教室の特徴 理念・概要 生徒さんの声 コース/料金 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム 更新情報 外部リンク