【超簡単!腹式呼吸のやり方とメカニズム】

【超簡単!腹式呼吸のやり方とメカニズム】

 

2015.12.5 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

当スクールも、ボイストレーニングに関するコラムを少しずつ書いていきたいと思います。
そして第一弾は、ボイストレーニングにおいて一番大切な“腹式呼吸”について。

 

ボイストレーニング以外で、健康法としても行われることが多いため
実際にやったことある方も多いと思いますが、
改めてそのメカニズム、やり方をしっかりお伝えしたいと思います。

 

 

 

【呼吸の種類】
呼吸には大きく分けて2種類の方法があります。

 

『胸式呼吸』 と 『腹式呼吸』

 

胸式呼吸は主に深呼吸の際に行う呼吸です。
息を吸い込むことにはとても優れていますが、呼気(吐く息)が安定しません。
(ランニング後など「はーはー」いう時は肩あがりますよね、あれです。)

 

そのため、ボイストレーニングでは呼気が安定する『腹式呼吸』を使います。

 

【腹式呼吸のメカニズム】
胸式呼吸の場合は、息を吸って肺が広がる時、肺は上方向へ広がります。(肩が上がります)

 

〜吸気〜
対して腹式呼吸の場合、息を吸うと肺が下方向へ広がります。
そして肺が下に広がると同時に横隔膜(筋肉)が下へ押し下がります。
横隔膜が押し下がると、腸などの内臓も押し出され、おなかが膨らみます。

 

〜呼気〜
息を吐いていくとおなかが凹んでいき、横隔膜が押し上げられ、
肺の中の空気が気道を通って外部に出ていきます。

 

これが腹式呼吸のメカニズムです。

 

 

【腹式呼吸のやり方】
腹式呼吸のやり方としては色んなやり方がありますが、
ここでは一例をご紹介したいと思います。

 

☆ポイントは肩を動かさないこと。

 

@足を肩幅に広げ、まっすぐ立ちます。
A全身リラックスしてください。
B吐き切るまで息を吐いていきます。(おなかは凹んでいきます)
C吐き切ったら、全身の力を一気に抜きます。
Dすると凹んだおなかが一気に膨らみます(元の位置に戻ります)

 

B息を吐くときは、歯と歯の間から息を「スーーー」と出していくと
安定したぶれない息が出やすいです。

 

Dは吸い込もうとすると失敗してしまうので、
自分の身体がスポイトになったイメージを持つと解り易いと思います。
(つまみを離すと空気が勝手に入ってくるのと同じ)

 

立った状態で行うのが難しい方は
仰向けの状態で行うとやり易いと思います。

 

 

是非試して見て下さい♪

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。


------------------------------------------------------
随時、無料体験レッスンを実施しております!
お問い合わせはこちら

 

また、トップページ『@LINE』からでも、無料体験レッスンのご予約・その他お問い合わせが出来ます。是非お気軽にお問い合わせ下さい♪

------------------------------------------------------
【各レッスンコースの紹介】

------------------------------------------------------
 
『ボイストレーナーChihiRo』のYoutubeチャンネルはこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UC6hqZHEUnQvzTdQ5JRRtBAQ?view_as=subscriber
------------------------------------------------------

 

 

 

 

 


 

TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム