【「ピッチベンド」とはどのようなテクニックか?練習方法と参考楽曲】

【「ピッチベンド」とはどのようなテクニックか?練習方法と参考楽曲】

2017.2.28 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

皆さん「ピッチベンド」という言葉を聞いたことはありますか?

 

歌や楽器を専門とされている方であればわかると思いますが、そうでない方は初めて聞くという方も多いと思います。

 

今回この「ピッチベンド」について解説していくわけですが、どのような歌唱テクニックなのか。
なるべく解りやすくお伝えしていきたいと思います。

 

 

【ピッチベンドとは?】
「ピッチベンド」とは、簡単に言うと、音を曲げて歌うという歌唱テクニックです。

 

これだけだと・・・何のことやら、ですね。

 

3パターンありますので、これらのパターンについてご理解いただければお解りいただけると思います。

 

《パターン1〜高い音から入るピッチベンドについて〜》
例えば「あーなーたーと」という歌詞で、音は「ファーミーレード」と下がっていくメロディだとします。

 

「た」の音に対して、高い音からピッチベンドを加えるとすると、「ファーミー(ミ)レードー」のようにして歌います。
「(ミ)レー」という部分は、基本は「レ」一音だけという概念ですので、「レ」一音に聴こえるように「(ミ)」の発声は超一瞬で、滑らかにすぐに「レ」を発声します。

 

このテクニックを確認できる曲は、、、
DEENさんの「君がいない夏」
サビ前「どんなに離れていても」の「も」の発音です。
また、同じ曲のサビの最後のフレーズ「小さく祈っている」の「っ」の部分、ここは「祈おって」と聴こえますので、この母音の「お」の部分でこのベンドを使用しています。

 

 

《パターン2〜低い音から入るピッチベンドについて〜》
この低い音が入るピッチベンドの方が、多くの方は馴染みがあると思います。
所謂「しゃくり」というテクニックがこれにあたります。

 

歌い始めなどで、少し下の音から入って、正しい音を発音する、というテクニックですね。

 

「あなたと」というフレーズが「レーミーファーソー」というメロディだとします。
そして「あなたと」の「あ」に対して下からのピッチベンド(しゃくり)を行うとすると、
「(ド)レーミーファーソー」となります。

 

同じく「(ド)レー」は基本「レ」一音だけという概念のため、「レ」一音に聴こえるように「(ド)」の発音は超一瞬で、滑らかにすぐに「レ」を発声します。

 

このテクニックを確認できる曲はたくさんありますが、
HYさんの「366日」。
Aメロ最初の「それでもいい」の「で」の発音です。
また、同じ曲のAメロ「繋がっていたくて」の「繋がって」の「て」の発音がこれにあたります。

 

 

《パターン3〜基準の音から一瞬音がずれて、また基準の音に戻るピッチベンドについて〜》
これは、基準となる音から一瞬、音が少しだけ上下どちらかにずれ(半音〜1音程度)、また基準の音に戻るテクニックです。

 

例えば「あーなーたーとー」という歌詞が「ファミレーミー」というメロディだとします。
そしてこのピッチベンドを使う歌詞が「た」で、一瞬だけ下に音程がずれるパターンだとします。

 

その場合「ファミレ(ド)レーミー」という感じになります。
「(ド)」の部分は「(ド#)」でも問題ありません。
あくまでも基準の音は「レ」一音だけなので、歌の雰囲気に合う下げ具合で良いと思います。

 

このテクニックを確認できる曲は、
平井堅さんの「瞳をとじて」。
サビの「それだけでいい」の「で」の音、「ソラ♭ソ〜」と歌っております。
一瞬なので非常に解りづらいですので、何回も聴いていただくと確認できると思います。

 

また、同じ曲のサビの最後「置き去りにしても」の「に」と「も」ここでも連発しております。
滑らか且つ、一瞬で音が動いているのがお解りいただけると思います。

 

 

【ピッチベンドの練習方法】
ピッチベンドを練習しようとすると、初めはどうしても2つの音が区切られて角ばってしまいやすいため、滑らかに一瞬で歌う練習を行うことに焦点を当てましょう。

 

●ピッチベンドは喉の開閉を行うため、喉を開ける動作(あくびをする時の動き)を繰り返し行い、なるべく早く動かせるようにします。

 

●2つの隣り合った音を交互に素早く、滑らかに発声する練習を行います。
例えば、「ドレドレドレドレドレ」の音を母音「あ」で滑らかに正確に発声できるようにします。
最初はゆっくりから始め、だんだんとテンポを早めていけるようにしましょう。

 

●発声のコツが掴めたら、実際に歌の中でもできるかどうか試してみましょう。

 

【まとめ】
いかがでしょうか?
お伝えした参考曲を聴いていただくことでイメージはより強固なものとなると思います。

 

ピッチベンドなどの実際のボーカルテクニックのトレーニングについては、当スクールにて無料の体験レッスンにてお試しいただけます。
是非お気軽にご相談下さい。

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
ボイトレの無料相談も承っております。
お問合せフォーム、もしくはTOPページの「LINEロゴ」からお問合せ下さいませ♪

 

 

 



TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム