【飲食店の従業員に必要な声の出し方とは?】

【飲食店の従業員に必要な声の出し方とは?】

 

2017.7.19

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

今回は、お店・・・特に飲食店で働いてらっしゃる方向けのコラムです。

 

レストランにしても居酒屋さんにしても、飲食店の中は大体ざわついていて静かとは言えません。
その中で店員さんは「いらっしゃいませー!」という声もある程度大きく出さないと伝わらないですよね。

 

逆もあります。
ざわついていて、「すいませーん」と店員さんを呼んだものの声が小さくて何度か呼ばないとなかなか注文を取りに来てくれなかったり、気付いてもらえなかったりします。

 

あのざわざわした環境の中でしっかりと遠くの人にも伝わるような発声があるのです。
今回その発声の仕方についてお話ししていきたいと思います。

 

 

【ざわざわしている中で、ひときわ目立つ声を出すためには】
周りがうるさい中でひときわ目立つ声を出すために必要な要素が2点程あります。

 

@大きな声
A周りの声よりもワントーン高い声

 

この2点です。

 

一つずつ解説していきます。

 

 

《大きな声》
当たり前のことなのですが、大きな声を出すということがとても大切です。
しかし、「単に大声を出す」ということではなく、しっかり声を響かせることによって大きな響く声を生み出す、という捉え方で出せるようにしましょう。

 

単に大きな声を出すだけであれば、少し無理をして出すということで可能ですが、声を出し続けることを考えると、無理に出すことはオススメ出来ません。
すぐに声が嗄れてしまいますし、次の日ガラガラ声になってしまう、なんてこともあり得るからです。

 

無理なく大きな声を出すことがポイントです。
ではどのようにすれば良いのか。

 

声を共鳴させる、ということです。
人間は、ギターと同じように声を響かせる部分があります。
口の中と鼻の中。
この2つの空洞を利用して声を出すと声が響き、勝手に声量が得られます。
大きな声が無理なく作り出すことが出来るのです。

 

声が小さいと感じる方は是非この口と鼻へ声を響かせる、ということを意識して発声してみましょう。
ちなみに、口へ響かせることを口腔内共鳴、鼻へ響かせることを鼻腔共鳴と言います。
これを意識するだけで、体感的に大きな声を出しているつもりはなくても大きな声を出せるようになりますので、是非試してみて下さい。

 

 

《周りの声よりもワントーン高い声》
声は個人差により高い声、低い声があります。
しかし殆どの方は、話し声に関しては大体が同じくらいの高さの声(トーン)です。
(男性・女性の差はありますが。。。)

 

音の高さは周波数という言葉で表現しますが、周波数が高ければ高いほど高音、低ければ低いほど低音、ということになります。

 

周りの方よりもひときわ浮き立った声(目立つ声)を出すにはこの平均的なトーン(周波数)よりも少し外したトーンの方が聞こえやすくなります。

 

では低く外した方が良いのか、高く外した方が良いのか。
これはなんとなくお分かりいただけると思いますが、高い声(高い周波数の声)の方が聞き取りやすくなります。

 

ざわざわして騒がしい場所で浮き立たせるためには低い声よりも高い声で出した方が、周りよりも圧倒的に高い周波数が瞬間的に出るため、当然目立つわけですね。

 

そして高い声を出すと比例して声も大きくなるため、聞こえやすくなるとういう原理です。

 

単に大きな声を出すだけでももちろん聞こえますが、正しく声を響かせて発声することで喉が疲れず、何時間でも出し続けることが出来ますので、飲食店で働いてらっしゃる方は是非試してみて下さい。

 

 

【まとめ】
飲食店でなくても、周りがざわざわしている環境で働いてらっしゃる方は活用できます。是非、正しい発声で大きな声を出し、トーンのコントロールも意識して発声してみて下さい。

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。

 

随時、無料体験レッスンを実施しております。(ご予約状況によりますが、当日予約も可能です。)

 

また、トップページ『@LINE』より、無料体験レッスンのご予約・その他お問い合わせが出来ます。
是非お気軽にお問い合わせ下さいませ♪

 

【各レッスンコースの紹介】 ←こちらをクリック!!

 

 

 

 

 



TOP 教室の特徴 理念・概要 生徒さんの声 コース/料金 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム 更新情報 外部リンク