【ライブパフォーマンスとボイストレーニング】

【ライブパフォーマンスとボイストレーニング】

2016.5.9 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

 

本日東京はお昼過ぎからポツポツと雨が降り始めました。
私はこんな時でも焦らないように、折りたたみ傘を常に持っています。

 

なるべく負担にならないよう軽いものをチョイスして持ち歩いています。
これから梅雨がきますので、折りたたみ傘をお持ちでない方はお一つ持っておくのも良いですね。

 

さて、今日のお話はというと、
『ライブパフォーマンスとボイストレーニング』についてです。

 

よく生徒さんから
「ライブ中に呼吸がわからなくなってしまいます」
という声や
「ライブ中よく力んでしまうんです」
という声をよく聞きます。

 

その他にも喉声や共鳴など、ボイストレーニングで行っている技術が実際のライブでは発揮しきれていない、というように感じている方は多くいらっしゃいます。

 

でも、それはある程度仕方ないものです。

 

なぜなら “目的” が違うからです。

 

 

【ボイストレーニングの目的】
ボイストレーニングは日本語にすると『発声練習』です。
身体的なトレーニングです。
姿勢・呼吸・発声・口の形・子音や母音の発音etc...

 

一流の野球選手であるイチロー選手でさえ素振りをしますし、基礎体力作り、食事など、
野球の実戦のために日々コツコツと地道にトレーニングします。
近道はありません。
やらなければ廃れるし、やれば大なり小なり力になる。

 

ボイストレーニングも同じです。
歌・ナレーター・声優・趣味でカラオケなどなど目的は様々ですが
例えば歌であればしっかり歌う土台を作るためにボイストレーニングをします。

 

 

【ライブパフォーマンスの目的】
ライブやコンサートなど、人前で歌をうたう目的は、
歌や楽曲を通して気持ちを伝えたり表現したりすることです。

 

そのため、ボイストレーニングでは悪と言われている喉声・・・
ライブでは表現のために敢えてやる場合もあります。

 

この時点でボイストレーニングとは目的がはっきり違うことが分かりますね。

 

 

例えば素振りの練習で習得したバッティングフォームを試合で再現することは難しいですね。
実際のボールはどこに飛んでくるか分からないからです。
しかし、素振りの基礎フォームが出来ている人と出来ていない人とでは実戦での応用力が違ってきます。

 

同じようにボイストレーニングでも、
習得した呼吸法や発声法を100%ライブで再現することは難しいのです。

 

パフォーマンスしている時は、歌詞の世界観や楽曲にどっぷり浸かって、感情を前面に出すことに集中するべきですので、
ボイストレーニングでのことを考えてしまうのは良くありません。

 

例えば音程に自信がない人はボイストレーニングでは意識して必死に練習して、
ライブでは考えないようにしましょう。

 

考えながら行っているうちは発展途上。
考えなくても出来るようになればその人の “技術” になるのです。

 

“技術” にするために野球の素振りと同じようにボイストレーニングを行うのです。

 

人前で歌う人・・・特にアーティスト活動されてる方は目的を見失わないようにすることが大切です。

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。


------------------------------------------------------
随時、無料体験レッスンを実施しております!
お問い合わせはこちら

 

また、トップページ『@LINE』からでも、無料体験レッスンのご予約・その他お問い合わせが出来ます。是非お気軽にお問い合わせ下さい♪

------------------------------------------------------
【各レッスンコースの紹介】

------------------------------------------------------
 
『ボイストレーナーChihiRo』のYoutubeチャンネルはこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UC6hqZHEUnQvzTdQ5JRRtBAQ?view_as=subscriber
------------------------------------------------------

 

 

 

 

 


関連ページ

【いざ人前で歌えない方は○○が問題!?】
【カラオケでカッコ良く歌うためのコツ!これであなたも人気者!】
【プロを目指す9割の人に足りないプロボーカリストに必要な事】
【練習曲の選曲の仕方と練習における注意点】
【ボーカリストは筋トレした方が良いのか!?】
【歌唱力を身に付ける一番の近道】
【自分の声質・印象のセルフチェック!】
【声を出さずにできる!?自宅でも可能なボイストレーニング】
【電話・マイク等、機械に声を通す場合の発声について】
【あがり症の方へ。正しい呼吸法や発声法で落ち着いて話すことができます。】
【喉を開けて歌う練習方法とは?最適な練習曲は?】
【実は多くの人がやっている!?間違ったボイストレーニングとは】
【肺活量を増やす方法】
【深夜でもできるボーカル練習法】
【ボーカルのライブ当日の持ち物チェック】
【自分の歌声の魅力を知る】
【歌手になるためには・・・】
【歌に基礎トレーニングは必要か】
【歌を学ぶにあたっての心得】
【自分らしく歌う。】
【マジメに歌わなくていい】
【歌う前のウォーミングアップについて】
【歌がうまいとはどういうことか】
【ライブ前のコンディションの整え方】
【変声期とボイストレーニング】
【ステージングをかっこ良く魅せるコツ】
【歌う前に行うウォーミングアップ】
【声と睡眠】
【歌と食事】
【歌の練習場所について】
【歌う時の服装について】
【声質による印象(整数次倍音と非整数次倍音)】

TOP 教室の特徴 理念・概要 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム 更新情報