【変声期とボイストレーニング】

【変声期とボイストレーニング】

2016.3.19 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

今回は “変声期とボイストレーニング” というテーマでお話したいと思います。

 

“変声期=声変わりの時期”は、男性は12歳〜15歳くらいの間に極端に起こります。
その後は年齢とともに少しずつ声変わりしていきます。
女性も声変わりはしますが男性ほど極端な変化はありません。
年齢とともに少しずつ変化していきます。

 

 

【変声期後はなぜ声が低くなるのか】
これは私自身非常に葛藤しました。
この頃から歌が好きでしたから・・・。
今まで出ていた高さのキーが突然出なくなってしまうんです。

 

どうにかして今までの声を取り戻そうと自主トレーニングしたりもしました。
(この頃はボイストレーニングは全くやったことがなかったので我流でした)

 

しかし、この時期の無理なトレーニングは禁物です
第二次性徴期によって、声帯の充血や声帯の長さに変化が起こるため、
声帯コントロールがうまくできなくなるのです。
(声帯は元の2倍ほど長くなります。)

 

リコーダーも、ソプラノよりもアルトの方がボディも大きく、低い音が出ます。
ドラムも、叩く面が大きいもの程低い音が出ます。

 

それと同じように声帯も長く大きくなることで、出せる音が低くなるのです。

 

トレーニングしてはいけないわけではないですが、
声枯れ、喉の痛みなどが発症しやすい時期なので、声が出ないことで悔しい気持ちはわかりますが、
声帯を痛めて声が出づらくなってしまうこともありますので、
無理なく行える範囲でボイストレーニングするようにしましょう。

 

 

【いつから通常のボイストレーニングをしても良いのか】
変声期直後は声帯、声帯周辺の筋肉が安定しませんので、
出来れば変声期後1年間は無理はしない方が良いと思います。

 

これは実体験ですが、この時期に無理に声を出してトレーニングしてしまいました。
結果、以前のような高いキーを取り戻すどころか、声が低くなってしまいました。
声もガラガラ・・・です。
(たぶんこの時、E4くらいまでが限界でした。)

 

ボイストレーニングに通い出した後、周りの先輩方から色々アドバイスいただいたりもしたのですが、
実際、「19歳くらいまでは声が安定しなかった」 という方もいました。

 

確かに自分自身、その後20歳前後である程度声が固まってきたような実感がありました。

 

そしてさらに数年後、キーがB4まで復活しました。
現在はこの辺りで安定しています。調子良い時はC5出るようになりました。

 

いずれにしても無理は禁物です。
喉、声帯のケアもボーカリストの大切な仕事です。
自分の喉や体調は自分自身が感覚として一番わかりますので、
違和感を感じたら控えるようにしましょう。

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
成長過程における声において、無理なく行えるボイストレーニングも
行っております。
是非一度、お気軽に無料体験レッスンにいらして下さい♪

 

 

 

 


関連ページ

【いざ人前で歌えない方は○○が問題!?】
【カラオケでカッコ良く歌うためのコツ!これであなたも人気者!】
【プロを目指す9割の人に足りないプロボーカリストに必要な事】
【練習曲の選曲の仕方と練習における注意点】
【ボーカリストは筋トレした方が良いのか!?】
【歌唱力を身に付ける一番の近道】
【自分の声質・印象のセルフチェック!】
【声を出さずにできる!?自宅でも可能なボイストレーニング】
【電話・マイク等、機械に声を通す場合の発声について】
【あがり症の方へ。正しい呼吸法や発声法で落ち着いて話すことができます。】
【喉を開けて歌う練習方法とは?最適な練習曲は?】
【実は多くの人がやっている!?間違ったボイストレーニングとは】
【肺活量を増やす方法】
【深夜でもできるボーカル練習法】
【ボーカルのライブ当日の持ち物チェック】
【自分の歌声の魅力を知る】
【歌手になるためには・・・】
【歌に基礎トレーニングは必要か】
【歌を学ぶにあたっての心得】
【自分らしく歌う。】
【マジメに歌わなくていい】
【ライブパフォーマンスとボイストレーニング】
【歌う前のウォーミングアップについて】
【歌がうまいとはどういうことか】
【ライブ前のコンディションの整え方】
【ステージングをかっこ良く魅せるコツ】
【歌う前に行うウォーミングアップ】
【声と睡眠】
【歌と食事】
【歌の練習場所について】
【歌う時の服装について】
【声質による印象(整数次倍音と非整数次倍音)】

TOP 教室の特徴 理念・概要 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム 更新情報