【声と睡眠】

【声と睡眠】

2016.3.7 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

今回は “声と睡眠” についてお話させていただきたいと思います。

 

声に限らず寝不足が続くと、どうしても本調子が出なかったりします。
それは睡眠を取らないことで疲労した身体・筋肉が回復しないことから起こります。

 

もちろん睡眠時間が少ないと抵抗力も下がるため、
風邪などの体調不良になる原因になりやすいのです。

 

 

【声と睡眠の関係性】
声帯自体は筋肉ではなく、周辺の筋肉の動きに支えられてて声が出るように
なっています。
睡眠不足になると、筋肉の疲労が回復しないため、
当然声帯周りの筋肉の疲労も回復しにくくなります。
すると、声帯を動かす能力も半減してしまい、声が出にくい(本調子が出ない)状態になります。

 

 

【睡眠時間】
ではどれくらい睡眠を取れば良いのでしょうか。
一般的に言われている必要睡眠時間があれば充分です。
最低5時間、通常で6時間〜8時間(個人差による)をしっかりとることで
身体全体の疲労回復ができ、声帯周りの筋肉も回復すると思います。

 

ただ、睡眠については時間よりも質が重要だと言われているので、
睡眠時間が確保できているとは言え、
睡眠環境、睡眠前の食事などの見直しはとても大切です。

 

 

 

声を生業としている人たちからすると
睡眠時間、運動、食事、空気環境、(排気ガス・タバコ等)はとても大切です。
身体が楽器である以上、アスリートと同じくらい気をつける必要がありますが、
趣味ボーカル等を行っている方はこの限りではありません。

 

ただ、少し気をつけていただくだけでも声の調子は全く違います。

 

それくらい声帯周辺はデリケートな部分ですので、
少し疲れが溜まっていると感じている方、
声の調子があまり最近よくないなぁと感じる方は、
いつもより1時間で良いので、早く床につくように意識してみて下さい☆

 

無理に習慣を変えるのは難しいですが、
出来る範囲で少しずつ改善して、調子の良い声を作っていけるようにしましょう♪

 

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
喉のケアについてのオススメの方法など、
声のメンテナンスについてもレクチャーしております。

 

皆さんが安心して声を使ってレッスンできるように
最大限サポートさせていただいております。

 

是非一度、無料体験レッスンにお越しください♪

 

 

 


関連ページ

【歌唱力を身に付ける一番の近道】
【自分の声質・印象のセルフチェック!】
【声を出さずにできる!?自宅でも可能なボイストレーニング】
【電話・マイク等、機械に声を通す場合の発声について】
【あがり症の方へ。正しい呼吸法や発声法で落ち着いて話すことができます。】
【喉を開けて歌う練習方法とは?最適な練習曲は?】
【実は多くの人がやっている!?間違ったボイストレーニングとは】
【肺活量を増やす方法】
【深夜でもできるボーカル練習法】
【ボーカルのライブ当日の持ち物チェック】
【自分の歌声の魅力を知る】
【歌手になるためには・・・】
【歌に基礎トレーニングは必要か】
【歌を学ぶにあたっての心得】
【自分らしく歌う。】
【マジメに歌わなくていい】
【ライブパフォーマンスとボイストレーニング】
【歌う前のウォーミングアップについて】
【歌がうまいとはどういうことか】
【ライブ前のコンディションの整え方】
【変声期とボイストレーニング】
【ステージングをかっこ良く魅せるコツ】
【歌う前に行うウォーミングアップ】
【歌と食事】
【歌の練習場所について】
【歌う時の服装について】
【声質による印象(整数次倍音と非整数次倍音)】

TOP 教室の特徴 理念・概要 生徒さんの声 コース/料金 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム 更新情報 外部リンク