【歌の練習場所について】

【歌の練習場所について】

2016.3.3 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

3月に入りましたが、まだ寒いですね。
花粉も出てくると思いますし、喉も守らなければならないのでマスクは必須です。
ちなみにセブン-イレブンのオリジナル商品の30枚入りマスクを愛用してます(^^)
(30枚入りで一枚ずつ袋に入っているので衛生的なのが良いです。)

 

皆さんもこの季節の変わり目、体調には気をつけて下さいね。

 

さて、今回のお話なのですが、
皆さん、歌の練習場所というと、どこが一番最初に思い浮かびますでしょうか?

 

多くの方が 『カラオケボックス』 をイメージするかと思います。
しかし、それ以外にも歌の練習ができる場所は意外にたくさんあるものなので、
今回は “歌の練習場所について” と “練習場所選びの注意点” につていシェアして行きたいと思います。

 

【歌の練習場所のいろいろ】
@カラオケボックス
これは王道ですね。
キーの変更も簡単にできるので音楽学校などでも取り入れています。

 

昼間に行けば4時間いても1,000円しないなんていうお店もあります。
夜は少し高めになりますが時間帯によってはかなり低料金で練習できますね。

 

(ちなみに練習する際は「エコー」は切りましょう。本来の声のみで練習するようにして下さい。)

 

A音楽スタジオ
音楽活動していない方からすると「行ったことない」なんて方もいると思います。
音楽スタジオは、「バンド練習」と「個人練習」で料金が分かれます。
個人練習の場合はだいたい1時間600円〜1,000円が相場です。

 

本格的なマイクでボーカルトレーニングができる点。
良い音で録音ができる点。
鏡があるので、歌っている自分を確認できる点。
楽器レンタルもできるので、ギターやピアノで音の確認ができる点。

 

などなど、音楽的にしっかりとした環境で練習ができます。
※但し練習音源は自分で用意する必要があります。
(スマホ等のタブレット・PC・CD・音楽プレーヤーetc...ほとんど対応してます。)

 

個人練習の場合は当日か前日の夜から予約ができるので、
是非活用しましょう。

 

B自宅
これは戸建て・マンション・アパート等、建物の形態にもよりますし、
近所迷惑等も考慮しなければいけませんので難しいかもしれませんが、
時間帯によって練習できる家庭もあると思います。
ちなみに私は、家の者がいない時間帯や昼間・布団の中等
できることは一通り試しました(笑)。
迷惑にならない範囲でやりましょう。

 

C車の中
意外に結構やっている人多いみたいですね。
もちろん安全運転が第一ですが、
窓を締めていても外に結構声が漏れていることもありますが、
迷惑にはならないと思います。

 

姿勢によっては逆に声が出づらくなったりする場合があるので注意が必要です。

 

D公園や河原、海など
公園と言っても大きな公園が良いでしょう。
休みの日に歌の練習をしている人もいますし、ギターやサックスの練習をしている人までいます。

 

河原や海は水の音にまぎれて周りの迷惑にはなりにくいです。
暖かい季節には良いかもしれませんね。

 

E公共施設
公民館等の公共施設で音楽室の貸し出しを行っているところもあります。
事前予約が必要なのと、夕方までの時間帯と制限があるかと思いますが、
とても低料金のため、是非活用してみてはいかがでしょうか。

 

以上6項目をご紹介させていただきました。
参考にしていただけたら幸いです。

 

 

【練習場所を選ぶ際の注意点】
練習場所を選ぶ際に気をつけていただきたいのが 「声の反響」 です。
出来るだけ声が反響しない環境で練習するようにして下さい。

 

上記の練習場所のご紹介で、誰もが思い浮かびそうな 「お風呂」 は書きませんでした。
響きが強い場所で練習すると、
ぽわーんと響いて 「上手くなったつもり」 になってしまうからです。
(カラオケでエコーを切って練習するのはこのためです。)

 

レコーディングスタジオのボーカルブースは響かない構造になっています。
しっかり素の声・生の声を録音するためです
響き等は効果音として後付で編集しますが、録音時点では余計な効果をカットした状態で行うのです。

 

その 「上手くなったつもり」 の状態のままレコーディングに臨むと
当然うまく歌うことができません。

 

響く環境に頼るのではなく、歌は自分の身体でしっかりと響かせなくては
根本的に上手くなりません。
ですから練習場所を選ぶ際には、なるべく響かない環境をチョイスしましょう!

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
個人練習の際の練習方法など、
何が必要で何をしなければならないのか、しっかり体感に繋がるように
解りやすくレクチャーしております。
是非一度、無料体験レッスンにお越し下さい。

 

メールでの無料相談もしておりますので、
是非お気軽にお問合せ下さい♪

 

 

 


関連ページ

【原曲キーで歌いたいけど歌えない。曲を変えた方が良い!?】
【オススメ!喉開けトレーニング法!】
【高いラ(A4)を楽に出すには、◯◯まで出せるようになる必要がある!!】
【『声の響き』って良く耳にするけど何?】
【大きな声や高い声が出せないのは気持ちの問題!?】
【歌の練習は毎日するべきなのか!?】
【『喉を開く』感覚とはどういうものか!?】
【いざ人前で歌えない方は○○が問題!?】
【カラオケでカッコ良く歌うためのコツ!これであなたも人気者!】
【プロを目指す9割の人に足りないプロボーカリストに必要な事】
【練習曲の選曲の仕方と練習における注意点】
【ボーカリストは筋トレした方が良いのか!?】
【歌唱力を身に付ける一番の近道】
【自分の声質・印象のセルフチェック!】
【声を出さずにできる!?自宅でも可能なボイストレーニング】
【電話・マイク等、機械に声を通す場合の発声について】
【あがり症の方へ。正しい呼吸法や発声法で落ち着いて話すことができます。】
【喉を開けて歌う練習方法とは?最適な練習曲は?】
【実は多くの人がやっている!?間違ったボイストレーニングとは】
【肺活量を増やす方法】
【深夜でもできるボーカル練習法】
【ボーカルのライブ当日の持ち物チェック】
【自分の歌声の魅力を知る】
【歌手になるためには・・・】
【歌に基礎トレーニングは必要か】
【歌を学ぶにあたっての心得】
【自分らしく歌う。】
【マジメに歌わなくていい】
【ライブパフォーマンスとボイストレーニング】
【歌う前のウォーミングアップについて】
【歌がうまいとはどういうことか】
【ライブ前のコンディションの整え方】
【変声期とボイストレーニング】
【ステージングをかっこ良く魅せるコツ】
【歌う前に行うウォーミングアップ】
【声と睡眠】
【歌と食事】
【歌う時の服装について】
【声質による印象(整数次倍音と非整数次倍音)】

TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム