【歌う前に行うウォーミングアップ】

【歌う前に行うウォーミングアップ】

2016.2.8 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

今回は、歌う前に行うと良いウォーミングアップについてのお話です。

 

歌もスポーツと同じで、
体や喉をあたためてから行った方が、より良いコンディションで声を出すことができます。
今回はその良いコンディションを作るためのウォーミングアップの方法を
いくつかご紹介したいと思います。

 

 

【歌う前のストレッチ】
実際にスポーツ前に行うようなストレッチを行うと良いのですが、
ボイストレーニングの場合は、上半身を中心に行います。

 

・首まわりのストレッチ・・・首を前後左右に伸ばしたり、回したりします。
・腕のストレッチ・・・腕を伸ばしたり、回したりします。
・腰のストレッチ・・・腰をひねったり、前後左右に回したり伸ばしたりします。

 

首回りを中心に、上半身全体を行いましょう♪

 

 

【顔のストレッチ】
顔もやわらかくした方が、声が出やすくなります。

 

・頬周りを手のひらで軽く押しながら回してマッサージ(前回し・後ろ回し)
・「あいうえお」と一言ずつしっかり口を大きく開けて発声する。

 

 

【舌のストレッチ】
・舌を可能な限り伸ばすように「べー」と出す。
・舌を口の中で左回し、右回し、共に10回転ずつ行う。(結構舌が痛くなります)
・舌をまっすぐ棒状に伸ばした状態で上下、左右に何度も動かす。

 

 

【声帯のストレッチ】
声帯自体をモミほぐすなんてことは出来ませんので、
ここでは声帯の緊張をほぐす程度に捉えていただけたらと思います。

 

・リップトリル(リップロール)・・・なるべく長く
・タントリル(巻き舌)・・・なるべく長く
・裏声でハミング・・・「んーーーー」となるべく長く

 

 

ある程度、ほぐれてきたら軽く発声をしていきます。
喉は非常にデリケートな場所ですので、「今日は調子が悪いかも」と感じるようであれば
無理に歌唱せず、控えるのも喉のケアという意味で大切です。

 

是非、ご参考までに♪

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
歌唱に必要なトレーニングを細部までレクチャーしております。
是非、一度無料体験レッスンへお越しください♪

 

 

 


関連ページ

【原曲キーで歌いたいけど歌えない。曲を変えた方が良い!?】
【オススメ!喉開けトレーニング法!】
【高いラ(A4)を楽に出すには、◯◯まで出せるようになる必要がある!!】
【『声の響き』って良く耳にするけど何?】
【大きな声や高い声が出せないのは気持ちの問題!?】
【歌の練習は毎日するべきなのか!?】
【『喉を開く』感覚とはどういうものか!?】
【いざ人前で歌えない方は○○が問題!?】
【カラオケでカッコ良く歌うためのコツ!これであなたも人気者!】
【プロを目指す9割の人に足りないプロボーカリストに必要な事】
【練習曲の選曲の仕方と練習における注意点】
【ボーカリストは筋トレした方が良いのか!?】
【歌唱力を身に付ける一番の近道】
【自分の声質・印象のセルフチェック!】
【声を出さずにできる!?自宅でも可能なボイストレーニング】
【電話・マイク等、機械に声を通す場合の発声について】
【あがり症の方へ。正しい呼吸法や発声法で落ち着いて話すことができます。】
【喉を開けて歌う練習方法とは?最適な練習曲は?】
【実は多くの人がやっている!?間違ったボイストレーニングとは】
【肺活量を増やす方法】
【深夜でもできるボーカル練習法】
【ボーカルのライブ当日の持ち物チェック】
【自分の歌声の魅力を知る】
【歌手になるためには・・・】
【歌に基礎トレーニングは必要か】
【歌を学ぶにあたっての心得】
【自分らしく歌う。】
【マジメに歌わなくていい】
【ライブパフォーマンスとボイストレーニング】
【歌う前のウォーミングアップについて】
【歌がうまいとはどういうことか】
【ライブ前のコンディションの整え方】
【変声期とボイストレーニング】
【ステージングをかっこ良く魅せるコツ】
【声と睡眠】
【歌と食事】
【歌の練習場所について】
【歌う時の服装について】
【声質による印象(整数次倍音と非整数次倍音)】

TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム