新宿・池袋・六本木・西東京市・立川・越谷・横浜を中心に展開しているボイトレ

【圧倒的な歌唱力を身につける方法】

【圧倒的な歌唱力を身につける方法】

 

 

2019.8.21

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

 

 

今回のタイトルは少々インパクトがあると思いますが、
実に真剣に言っております。

 

 

圧倒的な歌唱力。
歌が下手な人はもちろん、ある程度歌える人だって歌が上手くなりたい!と思うものです。

 

 

 

 

そもそも「歌唱力がある」「歌が上手い」とはどのようなことを言うのか。

 

 

音程(ピッチ)が良い、リズム感がある、声が安定している、という点については歌唱力の基本的な要素です。
でも安定感があって音程がとれてリズム感がある人はたくさんいますよね。

 

 

 

 

ではその上で「歌が上手い」人は圧倒的に感情表現とテクニックが優れています。
(持って生まれた声質も要素の一つとして挙げられますが、これは変えられない部分なのでここでは触れません)

 

 

ではこの感情表現とテクニックを身につけるにはどうすれば良いのか。
その方法についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

【歌唱テクニックを身につける】
これはボイストレーニングの現場でもよくカリキュラムに含みます。

 

 

テクニックに頼れ!ということではありません。
テクニックが多ければ多いほど、表現の幅が広がり歌唱力アップに大きく繋がるからです。

 

 

例えば英語を話そうと思っても単語や熟語のバリエーションが無ければ伝えたいことも伝えられません。
もちろんジェスチャーによって欲しいもの、したいこと、行きたいところくらいは伝えることが出来るかもしれませんが、
思っている気持ちの詳細についてはどれだけ使える単語や熟語があるかによって決まります。

 

 

歌も同じ。
伝えたい気持ちがたくさんあってもそれを伝える技術・テクニック(英語で言う単語や熟語)が無ければ伝えられないのです。

 

 

歌には使えるテクニックがたくさんありますが、よく使うものをご紹介します。

 

 

・エッジボイス・・・歌い始めなどの言葉に対してうなり声のような声から歌い始めるテクニック(基本的に母音に対して行われることが多い)
・ビブラート・・・これは知っている方も多いと思います。フレーズの処理で声を揺らぎを与えて心地よく聞かせるテクニック。
・ピッチベンド・・・音を曲げるという意味。ある特定の音から一回ずらしてまた元の音に戻ったりするテクニック。
・ウィスパーボイス・・・ささやき声のこと
・ミックスボイス・・・裏声と地声の間の柔らかい声
・フェードアウト・・・徐々に音量を下げていくテクニック。ビブラートと同時に使われることが多いですがこれ単体でも使えます。
・フォールオフ・・・フレーズ語尾の音程を一瞬下げて歌うテクニック
・フェイク・・・海外ではmelismasと言われたりしますが、音程表記の無い音を自由に歌うというテクニックです。こぶしとも言います。
・ファルセット・・・柔らかい裏声のこと。
・シャウト・・・高音の金切声のような声のこと。メタルやパンク、ハードロックなどで使われることが多いです。

 

 

ジャンルによっては他にもたくさんテクニックがあるかと思いますが、
一般的にはこのようなテクニックが使われております。

 

 

難しいテクニックばかりですが、一つずつゆっくり習得してみて下さい。

 

 

 

 

【感情表現力を身につける】
感情表現が一番難しいポイントです。

 

 

演技などが分かりやすいですが、俳優さんは役に入り込んでその役になりきってその役の感情を自分なりに消化してアウトプットしなければなりません。

 

 

ですから、その役の気持ちが分からなければ感情表現することすら出来ないということです。

 

 

歌も同じように、歌詞の内容の理解に加えてその歌詞の主人公の気持ちが理解できないと表現することが難しい。
ですから少し大人な内容の歌詞を小中学生が歌っても伝わってこないことが多いのです。
(中にはそれを見事に表現できてしまう子もいますが。。)

 

 

ですから、例えば恋愛経験がない人が失恋ソングを歌っても説得力が無いことが多かったり、
そもそも共感できないというケースがよくあります。

 

 

ボイトレの現場で良くボイストレーナーの先生が言うのが「人生経験をたくさん積もう」とか「たくさん恋愛をしなさい」というようなことです。

 

 

でも感性が豊かな人は、たとえ経験が薄くてもその主人公の気持ちを汲み取って、
想像ながらも自分に当事者意識を持たせてイメージするのです。
そしてその歌詞の中の物語にどっぷり浸かって見事に感情表現することが出来ます。

 

 

その感性もあまり無い、ということでしたら感性を磨く作業をする必要があります。
一番身近なのが、映画やドラマ、芸術などに触れていかに感動するかです。

 

 

それらの作品を見ても何も感じない場合、
よっぽどその作品が良いもので無いか、あなたの感性が鈍っているかどちらかです。
(ストレスを溜めやすい方は感性が鈍りやすく何に対しても感動しにくいかもしれません。)

 

 

最初は自分が感動しそうなジャンルの映画やドラマをチョイスすることろから始めましょう。

 

 

 

 

感情表現力を身につけるにはこのような積み重ねがとても大切です。
もちろん映画やドラマ作品よりも恋愛や友人関係など、実際の経験を積み重ねることの方が感性が高められるのは言うまでもありません。

 

 

経験や感じることが多ければ多いほど感動しやすくなりますし、感性も研ぎ澄まされていきます。
年配の方が涙もろいのは、今までの膨大な経験からであることが大きく関係しているのは納得できますね!!

 

 

 

 

【まとめ】
いかがでしょうか?
一見歌唱力とは関係なさそうな感性を磨く、という点。
実はとても大きく関係します。
奥が深いですが、歌唱力を圧倒的に上げるためには必要なポイントなので、是非この感性を鋭くすることも歌の練習の一つに加えて頂けたら幸いです。

 

 

※ちなみに、感情表現が一番大切なポイントですが、実際にボイトレレッスンの中で教えてくれるボイストレーナーさんはかなり少ないです。

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールは、
新宿・池袋・六本木・西東京市・立川・横浜・越谷を中心に都内で展開しています。
未経験の超初心者からでもプロの声を確実に養えるボイトレ。

 

開始わずか半年でプロレベルの歌唱力まで引き上げたボーカルトレーニング!
★「いつかは私もボイストレーナーとして活躍したい!」という方へノウハウを伝授します!
★人間関係・信頼関係の構築に必須のコミュニケーション力を高めるための“話し声”を作る!
★元不動産営業から学ぶ、120%の売り上げUPを実現したビジネスのためのボイストレーニング!

 

一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。

 

------------------------------------------------------
随時、無料体験レッスンを実施しております!
お問い合わせはこちら

 

 

また、トップページ『@LINE』からでも、無料体験レッスンのご予約・その他お問い合わせが出来ます。是非お気軽にお問い合わせ下さい♪

------------------------------------------------------
【各レッスンコースの紹介】

------------------------------------------------------
 
『ボイストレーナーChihiRo』のYoutubeチャンネルはこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UC6hqZHEUnQvzTdQ5JRRtBAQ?view_as=subscriber
------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 


関連ページ

【ボイトレは誰でも必須!!声だけで人間関係が変わる!】
【ライブ前の声のコンディションの整え方】
【確実に歌が上手くなる3ステップ!!】
【歌う前に飲んだらNGな飲み物・食べ物について】
【歌う時に絶対にやってはいけない3つのこと】
【歌が上手いってどういうこと?どういう所で歌が上手く感じるのか!?】
【バレンタイン向け♪男性ウケする女性の歌と選曲とは!?】
【ボイトレ初心者の9割が陥るやってはいけない発声方法】
【小さな声で歌う練習をする意味とは!?】
【ライブで使う音源の用意の仕方】
【原曲キーで歌いたいけど歌えない。曲を変えた方が良い!?】
【オススメ!喉開けトレーニング法!】
【高いラ(A4)を楽に出すには、◯◯まで出せるようになる必要がある!!】
【『声の響き』って良く耳にするけど何?】
【大きな声や高い声が出せないのは気持ちの問題!?】
【歌の練習は毎日するべきなのか!?】
【『喉を開く』感覚とはどういうものか!?】
【いざ人前で歌えない方は○○が問題!?】
【カラオケでカッコ良く歌うためのコツ!これであなたも人気者!】
【プロを目指す9割の人に足りないプロボーカリストに必要な事】
【練習曲の選曲の仕方と練習における注意点】
【ボーカリストは筋トレした方が良いのか!?】
【歌唱力を身に付ける一番の近道】
【自分の声質・印象のセルフチェック!】
【声を出さずにできる!?自宅でも可能なボイストレーニング】
【電話・マイク等、機械に声を通す場合の発声について】
【あがり症の方へ。正しい呼吸法や発声法で落ち着いて話すことができます。】
【喉を開けて歌う練習方法とは?最適な練習曲は?】
【実は多くの人がやっている!?間違ったボイストレーニングとは】
【肺活量を増やす方法】
【深夜でもできるボーカル練習法】
【ボーカルのライブ当日の持ち物チェック】
【自分の歌声の魅力を知る】
【歌手になるためには・・・】
【歌に基礎トレーニングは必要か】
【歌を学ぶにあたっての心得】
【自分らしく歌う。】
【マジメに歌わなくていい】
【ライブパフォーマンスとボイストレーニング】
【歌う前のウォーミングアップについて】
【歌がうまいとはどういうことか】
【ライブ前のコンディションの整え方】
【変声期とボイストレーニング】
【ステージングをかっこ良く魅せるコツ】
【歌う前に行うウォーミングアップ】
【声と睡眠】
【歌と食事】
【歌の練習場所について】
【歌う時の服装について】
【声質による印象(整数次倍音と非整数次倍音)】

TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験予約・問合せ