【声質による印象(整数次倍音と非整数次倍音)】

【声質による印象(整数次倍音と非整数次倍音)】

2015.12.17 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

今回は、最近私も注目している話題に触れていきたいと思います。

 

“声質の違いにより、相手に与える印象がどのように違うか” というテーマです。
(追及していくと限りなく深い話になってしまうので、なるべく簡単にまとめていきたいと思います。)

 

まず、倍音についての話が必要なので以下にまとめました。

 

 

【倍音と種類】
それには『倍音』というものが関係してきます。
(『倍音』=ある音の整数倍の音。ある音の1オクターブ上が2倍音、2オクターブ上が4倍音)

 

そしてその倍音は2種類にわけることができます。
“整数次倍音” と “非整数次倍音” です。

 

『整数次倍音』とは、整数の波長を持つ音
『非整数次倍音』とは、整数ではなく不規則な波長を持つ音です。

 

 

【整数次倍音と非整数次倍音の特徴】
簡単に言うと、『整数次倍音は』アナウンサーの声のようなクリアな声で、
タモリさんや郷ひろみさん、黒柳徹子さんがこれにあたります。
艶のある通る声で、説得力のある声とされています。

 

対して『非整数次倍音』はザラザラしたような声で、桑田圭祐さん、さんまさん等がこれにあたります。
安心感や親近感を与える声、注意を引き付ける声とされています。

 

どちらが良いというのはありません。
あくまでも声の特徴と捉えていただけたらと思います。

 

【整数・非整数次倍音の効果】
例えばテレビなどで 「あほかっ!」 という突っ込みをするシーンを良く見ますが、
整数次倍音で言うと、感じ悪く聞こえてしまうことが多いです。
非整数次倍音でいうと、そんなに感じ悪く聞こえません。
非整数次倍音は安心感の効果をもたらしながら話しているからです。

 

一方、政治家の演説やニュースの読み上げ等に関して、
非整数次倍音で話すと、注意は引き付けられますが説得力に欠けるため
整数次倍音が向いているということになります。

 

私は基本的に整数次倍音なのですが、
初対面の人との話し始めなどは、安心感与えられるように非整数次倍音で話すように意識しています。
シーンによって使い分けることで、相手の反応がまったく違うのを感じます。

 

是非、普段の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?
まわりの人間関係がもっと良くなるかもしれませんね☆

 

 

ボイストレーニングでは、声を使い分けられるようにすることもできます。
是非一度、体験レッスンをお試し下さい☆

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクール

 

ボイストレーニングに関するご質問等もお気軽にご相談下さい♪
体験のご予約・お問い合わせはこちら
■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■

 

 


関連ページ

【カラオケでカッコ良く歌うためのコツ!これであなたも人気者!】
【プロを目指す9割の人に足りないプロボーカリストに必要な事】
【練習曲の選曲の仕方と練習における注意点】
【ボーカリストは筋トレした方が良いのか!?】
【歌唱力を身に付ける一番の近道】
【自分の声質・印象のセルフチェック!】
【声を出さずにできる!?自宅でも可能なボイストレーニング】
【電話・マイク等、機械に声を通す場合の発声について】
【あがり症の方へ。正しい呼吸法や発声法で落ち着いて話すことができます。】
【喉を開けて歌う練習方法とは?最適な練習曲は?】
【実は多くの人がやっている!?間違ったボイストレーニングとは】
【肺活量を増やす方法】
【深夜でもできるボーカル練習法】
【ボーカルのライブ当日の持ち物チェック】
【自分の歌声の魅力を知る】
【歌手になるためには・・・】
【歌に基礎トレーニングは必要か】
【歌を学ぶにあたっての心得】
【自分らしく歌う。】
【マジメに歌わなくていい】
【ライブパフォーマンスとボイストレーニング】
【歌う前のウォーミングアップについて】
【歌がうまいとはどういうことか】
【ライブ前のコンディションの整え方】
【変声期とボイストレーニング】
【ステージングをかっこ良く魅せるコツ】
【歌う前に行うウォーミングアップ】
【声と睡眠】
【歌と食事】
【歌の練習場所について】
【歌う時の服装について】

TOP 教室の特徴 理念・概要 生徒さんの声 コース/料金 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム 更新情報