【ライブで使う音源の用意の仕方】

【ライブで使う音源の用意の仕方】

 

2018.11.14 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

 

一昔前は"ライブ"と言うと"バンド!"と言ったイメージでしたが、
今はアイドルやボーカルグループの流行りもありバンドでライブをする歌い手さんが少なくなって来ました。

 

 

ライブハウスでのライブも、オケを流して歌う、と言ったスタイルが目立つようになって来ました。
これも時代の流れなのかもしれませんね。

 

 

そのスタイルでライブをやるとしたら使用する"オケ"をアーティスト本人が調達しなければなりません。
オリジナル曲の場合は問題ありませんが、問題は既存曲のカバーを歌う場合。

 

 

どのようにしてオケを準備するのでしょうか?
いくつか方法がありますので、特にこれから初ライブを考えてる方は是非参考にして頂けたら幸いです。

 

 

【カラオケボックスでカラオケ音源をCDに録音する】
最近はカラオケボックスに行くとDAMなどでカラオケの音源をCDにプレスしてくれるサービスを行っております。

 

もちろん有料ですがしっかりとした音源を手軽に手に入れられるのでオススメです。

 

 

 

【カラオケサイトでDL】
カラオケの音源をカラオケボックスで作成する方法もありますが、
それ以外にインターネット上でカラオケ音源を1曲ずつ購入出来るサービスもあります。

 

 

以下は私が以前使っていた洋楽のカラオケ音源のダウンロードサイトです。
全て英語表記ですが分かる方にはとても便利。
しっかりキーの変更も出来て試聴も出来るので安心して購入出来ます。

 

『KARAOKE VERSION』
https://www.karaoke-version.com/

 

 

 

【CDに収録されているinstrumental(inst.)(カラオケ)】
一昔前のCDシングルには(今もたまに)カラオケ用の音源が入っているものがあります。
それを使って音源にするのも良いですね♪

 

 

【楽器演奏を録音する】
そもそも楽器演奏が出来る人は弾き語りなどでライブが出来ますが、
音源を用意して歌いたいという場合には、事前に録音するのもありです。

 

 

演奏に自信がない、でもオリジナルの音源を使いたい、録音環境が無い、という場合は
出来る人にお願いをして演奏を録音し、音源としてライブで使いましょう。

 

 

【まとめ】
いかがでしょうか?
音源を探すことは少々大変ですが、ライブで使うということを考えるとある程度しっかりしたクオリティのものを選びたいですよね。

 

 

バックの演奏や音源も出演アーティストの価値や見られ方を左右する大きな要因になりますので、
特にプロアーティストを目指されている方は音源一つとってもクオリティには妥協せずに良いと感じるものを使うようにしましょう!

 

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。


------------------------------------------------------
随時、無料体験レッスンを実施しております!
お問い合わせはこちら

 

また、トップページ『@LINE』からでも、無料体験レッスンのご予約・その他お問い合わせが出来ます。是非お気軽にお問い合わせ下さい♪

------------------------------------------------------
【各レッスンコースの紹介】

------------------------------------------------------
 
『ボイストレーナーChihiRo』のYoutubeチャンネルはこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UC6hqZHEUnQvzTdQ5JRRtBAQ?view_as=subscriber
------------------------------------------------------

 

 

 

 

 


関連ページ

【原曲キーで歌いたいけど歌えない。曲を変えた方が良い!?】
【オススメ!喉開けトレーニング法!】
【高いラ(A4)を楽に出すには、◯◯まで出せるようになる必要がある!!】
【『声の響き』って良く耳にするけど何?】
【大きな声や高い声が出せないのは気持ちの問題!?】
【歌の練習は毎日するべきなのか!?】
【『喉を開く』感覚とはどういうものか!?】
【いざ人前で歌えない方は○○が問題!?】
【カラオケでカッコ良く歌うためのコツ!これであなたも人気者!】
【プロを目指す9割の人に足りないプロボーカリストに必要な事】
【練習曲の選曲の仕方と練習における注意点】
【ボーカリストは筋トレした方が良いのか!?】
【歌唱力を身に付ける一番の近道】
【自分の声質・印象のセルフチェック!】
【声を出さずにできる!?自宅でも可能なボイストレーニング】
【電話・マイク等、機械に声を通す場合の発声について】
【あがり症の方へ。正しい呼吸法や発声法で落ち着いて話すことができます。】
【喉を開けて歌う練習方法とは?最適な練習曲は?】
【実は多くの人がやっている!?間違ったボイストレーニングとは】
【肺活量を増やす方法】
【深夜でもできるボーカル練習法】
【ボーカルのライブ当日の持ち物チェック】
【自分の歌声の魅力を知る】
【歌手になるためには・・・】
【歌に基礎トレーニングは必要か】
【歌を学ぶにあたっての心得】
【自分らしく歌う。】
【マジメに歌わなくていい】
【ライブパフォーマンスとボイストレーニング】
【歌う前のウォーミングアップについて】
【歌がうまいとはどういうことか】
【ライブ前のコンディションの整え方】
【変声期とボイストレーニング】
【ステージングをかっこ良く魅せるコツ】
【歌う前に行うウォーミングアップ】
【声と睡眠】
【歌と食事】
【歌の練習場所について】
【歌う時の服装について】
【声質による印象(整数次倍音と非整数次倍音)】

TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム