【練習曲の選曲の仕方と練習における注意点】

【練習曲の選曲の仕方と練習における注意点】

 

2017.9.19

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

今回は練習曲の選曲の仕方と練習における注意点ということでお話ししていきたいと思います。

 

練習曲の選曲をするにあたって、「何の曲にしよう?」「どんな曲にしよう?」と悩まれる方は多いです。

 

何が歌いたいのか、どういった曲を学びたいのかによりますが基本的に「楽しめる曲」、「苦手な曲」が良いと考えます。

 

 

【楽しめる曲を選曲する】
歌の練習は楽しむことがとても大切。
歌っていてつまらなければ、歌うモチベーションも下がってしまいます。

 

まずは歌っていて楽しい曲、歌いたい曲を選曲しましょう。

 

集団で一つの曲を練習する場合は多少自由な選曲は難しいですが、出来るだけ皆さんが歌いたい共通の曲を選曲するよう努めるようにすると良いです。

 

 

【苦手な曲】
歌いたいけど歌えない曲。
歌いたいけど苦手な曲。
このような曲を練習曲として選曲することは歌唱力を上げるうえでとても大切なことです。

 

《なぜ歌えないor苦手なのかを考える》
まず、歌えない理由、苦手な理由を考えていくと自分の弱点がわかります。

 

例えば、
●キーが高い
●リズムが複雑
●難しいテクニックがある
●苦手なロングトーンが多い
etc...

 

このような理由が見えてきます。

 

例えば、
●キーが高い
→歌える範囲のキーの曲を選曲しなおす or キーを下げて歌う

 

●リズムが複雑
→そのリズムを取れるよう練習する or リズムが取りやすい曲を選曲し直して、しっかりリズムを取れるようにする

 

●難しいテクニック
→ビブラート、ピッチベンドなど、難しいテクニックを部分練習するなどして、歌いこなせるようにする

 

●ロングトーンが多い
→声をまっすぐ伸ばそうとしても揺れてしまう方はとても良い選曲です。
バラードなどでテンポを落として歌うとよりロングトーンを練習しやすくなります。

 

など、苦手な理由を捉えて、それを克服出来るよう練習していきましょう。

 

 

【まとめ】
最終的に出来ているかどうか、個人練習だけでは判断が難しいと思いますので、出来るだけボイストレーナーをつけてトレーニングすることをオススメします。

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。


------------------------------------------------------
随時、無料体験レッスンを実施しております!
お問い合わせはこちら

 

また、トップページ『@LINE』からでも、無料体験レッスンのご予約・その他お問い合わせが出来ます。是非お気軽にお問い合わせ下さい♪

------------------------------------------------------
【各レッスンコースの紹介】

------------------------------------------------------
 
『ボイストレーナーChihiRo』のYoutubeチャンネルはこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UC6hqZHEUnQvzTdQ5JRRtBAQ?view_as=subscriber
------------------------------------------------------

 

 

 

 

 


関連ページ

【いざ人前で歌えない方は○○が問題!?】
【カラオケでカッコ良く歌うためのコツ!これであなたも人気者!】
【プロを目指す9割の人に足りないプロボーカリストに必要な事】
【ボーカリストは筋トレした方が良いのか!?】
【歌唱力を身に付ける一番の近道】
【自分の声質・印象のセルフチェック!】
【声を出さずにできる!?自宅でも可能なボイストレーニング】
【電話・マイク等、機械に声を通す場合の発声について】
【あがり症の方へ。正しい呼吸法や発声法で落ち着いて話すことができます。】
【喉を開けて歌う練習方法とは?最適な練習曲は?】
【実は多くの人がやっている!?間違ったボイストレーニングとは】
【肺活量を増やす方法】
【深夜でもできるボーカル練習法】
【ボーカルのライブ当日の持ち物チェック】
【自分の歌声の魅力を知る】
【歌手になるためには・・・】
【歌に基礎トレーニングは必要か】
【歌を学ぶにあたっての心得】
【自分らしく歌う。】
【マジメに歌わなくていい】
【ライブパフォーマンスとボイストレーニング】
【歌う前のウォーミングアップについて】
【歌がうまいとはどういうことか】
【ライブ前のコンディションの整え方】
【変声期とボイストレーニング】
【ステージングをかっこ良く魅せるコツ】
【歌う前に行うウォーミングアップ】
【声と睡眠】
【歌と食事】
【歌の練習場所について】
【歌う時の服装について】
【声質による印象(整数次倍音と非整数次倍音)】

TOP 教室の特徴 理念・概要 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム 更新情報