【自分の声質・印象のセルフチェック!】

【自分の声質・印象のセルフチェック!】

 

2017.6.2

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

もう一年も半分が過ぎようとしていますね。
早いことにもう6月です。
寒い日があったり真夏日があったりとまだ波がありますが、そろそろ熱中症対策をしなければいけませんね。
皆さんも体調には気をつけて下さいね。

 

さて、今回のテーマなのですが「自分の声質・印象のセルフチェック!」ということで、
ご自身でセルフチェックをしてみる、というものです。

 

セルフチェックして何になるのか?とお思いの方も多いと思いますが、とても大切なことなのです。

 

例えば、日常生活で会話をしている中で、自分としては穏やかに話しているつもりでも、聞いている人からすると「ちょっとキツく聞こえる」と思われてしまう方や、しっかり強く声を出しているにも関わらず何度も聞き返されてしまうなど、他人からの印象と自分で思っている声とでは若干の相違があることが多いのです。

 

自分の声を改めてチェックして今の現状を把握した上でボイストレーニングを行い、声の響きを良くしていく、といううのはとても大切な事です。

 

今回はそんな自分の声のチェック方法・印象について向き合って行けるようチェック項目をいくつかご紹介致します。

 

 

【自分の声質・印象チェック】
リアルな日常会話の中での自分の声質をチェックしなければなりませんので、
誰かと会話している声をボイスレコーダーやスマホのボイスメモなどで録音してみましょう。

 

(もしすぐに会話を録音できない場合は、会話しているイメージで一人で声を出してみて下さい。)

 

チェックポイントは以下のようなものになります。

 

《チェック項目》
明るい   ー 暗い
明瞭な声  ー あいまいな声
適度な速さ ー 早いor遅い
キンキン声 ー 篭った声
良い滑舌  ー 悪い滑舌
大きな声  ー 小さな声
強い声   ー 弱い声
高い声   ー 低い声
太い声   ー 細い声
通る声   ー 通らない声
艶のある声 ー かすれた声

 

いかがでしょうか?
録音した声というのは、第三者が聞いている声に一番近い声です。

 

「印象の良い声」とは、その人の声質によってどういう出し方が最適かというのは異なりますが、
基本的に上記の左側の項目が印象が良い声と言われています。(高い低いに関してはどちらにも良さがありますが)

 

このチェック項目を参考にすることで、自分がどのような声を目指してボイストレーニングを行うのが最適かわかりますので、道標にしていただけたら幸いです。

 

 

【まとめ】
話し声を録音して修正し、理想とする声や印象に近づけると良いですね。
繰り返しているうちに少しずつですが必ず変化してきますので、是非試してみて下さいね♪

 

新たな声で仕事もプライベートも充実させちゃいましょう!

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。


------------------------------------------------------
随時、無料体験レッスンを実施しております!
お問い合わせはこちら

 

また、トップページ『@LINE』からでも、無料体験レッスンのご予約・その他お問い合わせが出来ます。是非お気軽にお問い合わせ下さい♪

------------------------------------------------------
【各レッスンコースの紹介】

------------------------------------------------------
 
『ボイストレーナーChihiRo』のYoutubeチャンネルはこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UC6hqZHEUnQvzTdQ5JRRtBAQ?view_as=subscriber
------------------------------------------------------

 

 

 

 

 


関連ページ

【いざ人前で歌えない方は○○が問題!?】
【カラオケでカッコ良く歌うためのコツ!これであなたも人気者!】
【プロを目指す9割の人に足りないプロボーカリストに必要な事】
【練習曲の選曲の仕方と練習における注意点】
【ボーカリストは筋トレした方が良いのか!?】
【歌唱力を身に付ける一番の近道】
【声を出さずにできる!?自宅でも可能なボイストレーニング】
【電話・マイク等、機械に声を通す場合の発声について】
【あがり症の方へ。正しい呼吸法や発声法で落ち着いて話すことができます。】
【喉を開けて歌う練習方法とは?最適な練習曲は?】
【実は多くの人がやっている!?間違ったボイストレーニングとは】
【肺活量を増やす方法】
【深夜でもできるボーカル練習法】
【ボーカルのライブ当日の持ち物チェック】
【自分の歌声の魅力を知る】
【歌手になるためには・・・】
【歌に基礎トレーニングは必要か】
【歌を学ぶにあたっての心得】
【自分らしく歌う。】
【マジメに歌わなくていい】
【ライブパフォーマンスとボイストレーニング】
【歌う前のウォーミングアップについて】
【歌がうまいとはどういうことか】
【ライブ前のコンディションの整え方】
【変声期とボイストレーニング】
【ステージングをかっこ良く魅せるコツ】
【歌う前に行うウォーミングアップ】
【声と睡眠】
【歌と食事】
【歌の練習場所について】
【歌う時の服装について】
【声質による印象(整数次倍音と非整数次倍音)】

TOP 教室の特徴 理念・概要 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム 更新情報