【喉を開けて歌う練習方法とは?最適な練習曲は?】

【喉を開けて歌う練習方法とは?最適な練習曲は?】

 

2017.3.13 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

日々レッスンをしている中で、「喉を開けて歌いましょう」と生徒によく伝えます。
中には「喉を開ける感覚が分からない」言う生徒も多いです。

 

ですので、文章でもなるべく解りやすくお伝えできたらと思い、今回このコラムを書こうと思いました。
是非、喉を開ける感覚が分からない方は参考にしてみて下さい。

 

 

【喉を開ける練習方法】
簡単に言うと、あくびをすると喉が開きます。

 

あくびをしている状態は、100%喉が開いている状態だと思って下さい。
この時に鏡を見ると、男性だと喉仏が下方向へ下がります。
女性だと喉仏は目で確認出来ませんが、喉周りに軽く触れると、全体的に下へ下がる動きが確認できるはずです。

 

この喉が開いた時の、喉の奥の状態をキープしたまま声を出してみて下さい。
太い声が出るのがお解りいただけると思います。

 

しかし、声を出す上で、あくびをしている喉そのままでは、人によっては眠そうな声であったり太すぎで逆に出しづらい感じがあったりします。

 

そのため、100%のあくびではなく、60%くらいの開き具合に留めて発声してみて下さい。
100%開いた時よりもより話し声のように自然な声に近づくはずです。

 

この喉を開くトレーニングを繰り返すことで、喉周りの筋肉の動きが器用になり、歌や会話の発声の際に、自然と喉を開いて発声することができるのです。

 

 

【喉を開けて歌う練習に最適な曲】
このような喉開けトレーニングは、これだけなら出来ても、歌の中だと出来ないという方はとても多いです。
喉を開けるトレーニングに最適な練習曲・アーティストをご紹介したいと思います。

 

初めはそのアーティストのモノマネから入っても良いです。
あくまでも技術を習得するために、その技術を良い意味で盗むという捉え方で臨んで下さい。

 

《〜女性ボーカル編〜》
・三日月/絢香
・長い間/Kiroro
・LOVE LOVE LOVE/Dreams Come True
・Song for・・・/HY
・花束を君に/宇多田ヒカル
・Story/AI

 

《〜男性ボーカル編〜》
・桜坂/福山雅治
・Teenage dream/DEEN
・海の声/桐谷健太
・さくら〜独唱〜/森山直太朗
・You Go Your Way/CHEMISTRY

 

これらは一例ですが、例に挙げたアーティストさんの歌は特に喉を開けるためのとっかかりとしては良い練習になると思います。

 

【まとめ】
喉を閉めてしまっているのか、しっかり開けているのか、自分だけでは判断は難しいですし、間違った方法でやり続けてしまと癖になり、なかなか正すことが難しくなってきてしまいますので、練習する際は必ずボイストレーナーを付けてトレーニングを行うようにしましょう。

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。


------------------------------------------------------
随時、無料体験レッスンを実施しております!
お問い合わせはこちら

 

また、トップページ『@LINE』からでも、無料体験レッスンのご予約・その他お問い合わせが出来ます。是非お気軽にお問い合わせ下さい♪

------------------------------------------------------
【各レッスンコースの紹介】

------------------------------------------------------
 
『ボイストレーナーChihiRo』のYoutubeチャンネルはこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UC6hqZHEUnQvzTdQ5JRRtBAQ?view_as=subscriber
------------------------------------------------------

 

 

 

 

 


関連ページ

【いざ人前で歌えない方は○○が問題!?】
【カラオケでカッコ良く歌うためのコツ!これであなたも人気者!】
【プロを目指す9割の人に足りないプロボーカリストに必要な事】
【練習曲の選曲の仕方と練習における注意点】
【ボーカリストは筋トレした方が良いのか!?】
【歌唱力を身に付ける一番の近道】
【自分の声質・印象のセルフチェック!】
【声を出さずにできる!?自宅でも可能なボイストレーニング】
【電話・マイク等、機械に声を通す場合の発声について】
【あがり症の方へ。正しい呼吸法や発声法で落ち着いて話すことができます。】
【実は多くの人がやっている!?間違ったボイストレーニングとは】
【肺活量を増やす方法】
【深夜でもできるボーカル練習法】
【ボーカルのライブ当日の持ち物チェック】
【自分の歌声の魅力を知る】
【歌手になるためには・・・】
【歌に基礎トレーニングは必要か】
【歌を学ぶにあたっての心得】
【自分らしく歌う。】
【マジメに歌わなくていい】
【ライブパフォーマンスとボイストレーニング】
【歌う前のウォーミングアップについて】
【歌がうまいとはどういうことか】
【ライブ前のコンディションの整え方】
【変声期とボイストレーニング】
【ステージングをかっこ良く魅せるコツ】
【歌う前に行うウォーミングアップ】
【声と睡眠】
【歌と食事】
【歌の練習場所について】
【歌う時の服装について】
【声質による印象(整数次倍音と非整数次倍音)】

TOP 教室の特徴 理念・概要 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム 更新情報