【深夜でもできるボーカル練習法】

【深夜でもできるボーカル練習法】

2016.10.3 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

今回は、歌をやっている方にとってはとても気になる話題に触れたいと思います。

 

日々レッスンを行う中で、歌の練習があまりできないという生徒さんが多くいらっしゃいます。
理由は様々ですが、例えば・・・
・練習する時間が取れない。
・家に帰るのが遅くて、練習できない。
・家が防音ではないため、大きな声を出せない。 などなど。

 

ボーカルの練習はしっかり声を出して練習しなければ、
声を抑えてしまい、変なクセがついてしまうこともあります。
なのでなるべく大きな声を出せる環境で練習した方が良いです。

 

お仕事をされている方ですと、
帰りが遅く、そこから歌の練習をすると近所迷惑になってしまうなんていう方も多いです。

 

そこで今回は、
深夜でもできるボーカルの練習方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

【大きな声を出す以外の練習】
深夜でも近所迷惑にならないように、ということであれば、
大きな声や音を立てなければ良いのです。
なので、ここでは声を出さなくてもできる練習方法をご紹介していきます。

 

・腹式呼吸トレーニング
呼吸の練習だけであれば音を気にせずに練習できます。
特に練習したい曲に合わせて呼吸だけ合わせて練習します。
「スー」と吐く息を意識して、息で歌うように練習すると実戦向きです。

 

呼吸の練習は軽視されやすいですが、
このトレーニングを日々積み重ねている人とそうでない人の声の響き方は全く違います。
それだけ差がでやすい部分でもありますので、是非行いましょう。

 

・部分歌唱トレーニング
高音域などはボリュームが大きくなってしまうため難しいですが、
中低音域で、あまり大きな声を出さなくても出せる範囲で練習します。

 

一曲通して歌うとこれまた音量が気になりますので、部分的に苦手なところだけ練習しましょう。

 

例えば、フレーズの終わり方を練習する場合、
その部分のビブラートのみ練習する。
また、フレーズの入りの部分であれば、息を多めに囁くように入れるように練習する、などです。

 

R&BやSOULなどのブラックミュージックで見られるような
フェイクなどは難しいテクニックですので、部分練習だけでもかなり効果的なトレーニングができます。

 

・歌詞を覚える
歌唱トレーニング以外にも、歌詞をしっかり覚えるという作業もできます。
感情移入できるように、なるべく自分と照らし合わせて世界観をイメージできるように覚えましょう。

 

・譜割り、メロディーを覚える
新しい曲に挑戦したりする時は、当然ですがメロディーを覚えます。
特に難しいラップが入っているような曲、英語詞などは覚えるのも大変です。
譜割りやメロディー、英語詞であれば発音等の練習も深夜でも出来ます。

 

・イメージトレーニングやライブパフォーマンスの研究
一流のアーティストやスポーツ選手はイメージトレーニングを行います。
これは単にイメージや想像の遊びではありません。
実際に脳の中で自分がその現場に立った時のことを疑似体験するのです。
特にあがり症の方は効果的です。

 

失敗してしまった時にどのように持ち直すか。
失敗しないようにどのように動くか。
楽しませるためにどう表現するか。何を話すのか等。

 

また、現在はインターネットの普及によって容易にアーティストのライブ映像を見られるようになりました。
普段楽しむために見ているライブ映像も、ステージ上でどのようなパフォーマンスをしているか、どのように表現しているか等、とても勉強になる要素が満載です。

 

いがかでしょうか?
実際に声を出さなくても、次回スタジオやカラオケで練習する際に発揮できるような効果的なトレーニングはたくさんあります。

 

是非、深夜でも有効に時間を活用しましょう。

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。


------------------------------------------------------
随時、無料体験レッスンを実施しております!
お問い合わせはこちら

 

また、トップページ『@LINE』からでも、無料体験レッスンのご予約・その他お問い合わせが出来ます。是非お気軽にお問い合わせ下さい♪

------------------------------------------------------
【各レッスンコースの紹介】

------------------------------------------------------
 
『ボイストレーナーChihiRo』のYoutubeチャンネルはこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UC6hqZHEUnQvzTdQ5JRRtBAQ?view_as=subscriber
------------------------------------------------------

 

 

 

 

 


関連ページ

【原曲キーで歌いたいけど歌えない。曲を変えた方が良い!?】
【オススメ!喉開けトレーニング法!】
【高いラ(A4)を楽に出すには、◯◯まで出せるようになる必要がある!!】
【『声の響き』って良く耳にするけど何?】
【大きな声や高い声が出せないのは気持ちの問題!?】
【歌の練習は毎日するべきなのか!?】
【『喉を開く』感覚とはどういうものか!?】
【いざ人前で歌えない方は○○が問題!?】
【カラオケでカッコ良く歌うためのコツ!これであなたも人気者!】
【プロを目指す9割の人に足りないプロボーカリストに必要な事】
【練習曲の選曲の仕方と練習における注意点】
【ボーカリストは筋トレした方が良いのか!?】
【歌唱力を身に付ける一番の近道】
【自分の声質・印象のセルフチェック!】
【声を出さずにできる!?自宅でも可能なボイストレーニング】
【電話・マイク等、機械に声を通す場合の発声について】
【あがり症の方へ。正しい呼吸法や発声法で落ち着いて話すことができます。】
【喉を開けて歌う練習方法とは?最適な練習曲は?】
【実は多くの人がやっている!?間違ったボイストレーニングとは】
【肺活量を増やす方法】
【ボーカルのライブ当日の持ち物チェック】
【自分の歌声の魅力を知る】
【歌手になるためには・・・】
【歌に基礎トレーニングは必要か】
【歌を学ぶにあたっての心得】
【自分らしく歌う。】
【マジメに歌わなくていい】
【ライブパフォーマンスとボイストレーニング】
【歌う前のウォーミングアップについて】
【歌がうまいとはどういうことか】
【ライブ前のコンディションの整え方】
【変声期とボイストレーニング】
【ステージングをかっこ良く魅せるコツ】
【歌う前に行うウォーミングアップ】
【声と睡眠】
【歌と食事】
【歌の練習場所について】
【歌う時の服装について】
【声質による印象(整数次倍音と非整数次倍音)】

TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム