【フェイクの練習】

【フェイクの練習】

2016.1.26 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

今回は “フェイク” についてお話したいと思います。

 

フェイクって、、、なんぞや?と言う方も多いと思いますので、簡単にご説明します。

 

「本来あるメロディーを、音程やリズムを変えて自由に表現する」ということです。
メロディがぐにゃぐにゃと動き回るような歌い方で、
ブラックミュージックにそういった傾向が見られます。

 

【フェイクを使うアーティスト】
Mariah Carey[マライア・キャリー]
Alicia Keys[アリシア・キーズ]
Lauryn Hill[ローリン・ヒル]
Donny Hathaway[ダニー・ハサウェイ]
Boyz U Men[ボーイズ・ツー・メン]
Stevie Wonder[スティービー・ワンダー] etc...

 

挙げたらキリが無いのですが、解り易い動画を紹介しておきます。
Lauryn Hillの『Joyful Joyful』
https://www.youtube.com/watch?v=OaEH1e_DLm0

 

Boyz U Men[ボーイズ・ツー・メン]の『It's So Hard To Say Goodbye To Yesterday』
https://www.youtube.com/watch?v=FtH2ICTARXQ&index=3&list=PLewncT1Eg
RWWxhLPLCmXXZiXNckyulVkq

 

フレーズの途中でもありますが、
フレーズ終わりにフェイクを入れているケースが多いですね。

 

 

【フェイクの練習方法】
始めにお伝えしておきますが、
とても難しいテクニックなので、すぐに出来ない人が多いです。
気長に行うようにして下さい。
そして、もしビブラートが出来ない方は、まずはビブラートを習得してからフェイクにとりかかるとやり易いと思います。

 

練習方法は単純です。
練習用メロディをご紹介します。鍵盤がある方は音をとってみて下さい。

 

「ソーーーミレドミファミレドラ」 のメロディを「い」で取るようにしてみましょう。

 

「いーーーいいいいいいいいい」 となります。

 

始めはゆっくりできるスピードで構いません。
慣れてきたら段々とスピードアップしていきます。
音を飛ばさず、一つ一つの音をしっかりと発声しましょう。
(他の母音の方がやり易いという方はそれでもOKです)

 

録音しながら行うとできているかどうか判断しやすいです。

 

そしてできたら、実際に好きな歌で試してみましょう。
もちろんご紹介した動画をそのまま練習しても構いません。

 

なんとか頑張って行おうとすると力が入り易いので、
身体は力まないようにして下さいね!

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
今までどうしても出来なかったテクニックや歌い方など、
丁寧に解りやすく、確実にできるようにレクチャーしていきます。
まずは無料体験レッスンをお試しください♪

 

 

 

 



TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム