【花粉症とボイストレーニング】

【花粉症とボイストレーニング】

2016.3.28 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

花粉の季節ですね。
私も花粉症なので毎日くしゃみと戦っております。

 

今回は、花粉症とボイストレーニングの関係性
どのようにボーカリストはケアしたら良いのか、などをお話したいと思います。

 

花粉症ではない方にはあまり関係ないかもしれませんが、花粉症の方、是非参考にしていただけたら幸いです。

 

【花粉症のボーカルへの影響】花粉症になると、鼻づまりが起こり呼吸が苦しくなり、
歌うどころではなくなってしまいます。

 

鼻の通りが悪くなると、まず “鼻腔共鳴” ができなくなります。特に「な行(n)」「ま行(m)」などは“鼻音”と言われ、
鼻への共鳴が確実に必要な言葉のため、
普段の会話にも影響してくる程です。(実際に私もこの状態になりやすいです。)

 

そしてくしゃみがたくさん出ると単純に声を出すこと自体ができなくなってしまいます。
でも、ボーカリスト・声優さん等、声を生業としている方はそうは言ってられません。

 

ではどのようにケアをすると良いのでしょうか。

 

 
【花粉症時のケアの方法】
花粉症は、鼻や喉などの粘膜に花粉が触れることで起こるアレルギーです。

 

病院で診察していただき、薬を処方してもらうことが一番良い方法だと思いますが、
それ以外で、自分でできるケア方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

@マヌカハニー
これは私自身使用していますし、効果がありました。
マヌカハニーはその強い殺菌力があります。
摂取することで免疫が向上して、アレルギーに対しても効果があります。

 

実際に鼻がムズムズしにくくなったり、
喉のイガイガが緩和されました。
 
A服に付いた花粉を払う
部屋に入る前に服に付いた花粉を払いましょう。
これは色んなところで言われていることなので、知っている方も多いと思います。

 

窓を開けることで入ってくる花粉よりも、
服に付着した花粉の量の方が多いと言われています。
なので服に付いた花粉を払い落とすことは軽視せずにしっかり行うようにしましょう。
 
Bアレルギー専用の鼻スプレー
鼻づまりが起こった時に使うと鼻の通りが良くなるスプレーです。
通常のものもありますが、
花粉やアレルギー専用のものもあります。
一定時間毎に行う必要がありますが、鼻自体楽になり即効性もあるのでオススメです。
しかし完全に治すものではないため、
歌う前や声出す前などの一時的な対処としては良いと思います。

 

C加湿する
雨が降った日等はあまり花粉を感じません。
花粉が雨によって流されるからです。
部屋の花粉も、加湿することでこれと同じような効果が得られますので、
空気清浄機付きの加湿器等などがあれば是非活用しましょう。

 

もしなければ、ファブリーズ等の部屋用のスプレーをすることも
良いと思います。

 

Dマスク
これは既に皆さん行っている人も多いですね。
息が苦しいから、という理由で鼻を出して使用している人も多く見かけますが、
必ず鼻もしっかり覆うようにしましょう。
そうでなければマスクをしている意味がほとんどありません。

 

Eワセリンで保湿
ワセリンは皮膚を保護するための保湿剤なので、
ハンドクリーム、リップクリームとしても使えます。
そしてそれを鼻の穴の中、鼻の穴周辺等に塗ることで、
侵入してくる花粉をキャッチして、花粉の摂取量を抑えることができるので、効果は高いです。
マスクと併用すると良いと思います。

 

 

以上6つをご紹介させていただきました。

 

花粉症の方は、声や喉のためにもしっかり対処する心がけが必要です。
より生活を快適にするヒントにしていただけたら幸いです。

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
喉のケアとボイストレーニング、両方の観点からしっかりとレクチャーし、
生徒さんの声を常に万全の状態に保てるようサポートさせていただいております。
是非一度、無料体験レッスンをお試し下さい♪

 

 

 

 



TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム