【9割のレッスン生が悩む“喉声”の解消法!!】

【9割のレッスン生が悩む“喉声”の解消法!!】

 

2018.4.29 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

日々ボイストレーニングを行っていて最も多い悩み、、、それが“喉声”です。

 

喉声とは、喉の力によって喉の空間(息の通り道)を狭くして発声することです。
声が響かず、苦しそうに聴こえますし、何より歌っている本人が一番苦しいはず。

 

高い声を出す時に喉声になる人がほとんどですが、
ひどい場合は中低音域でも喉声になる人もいます。

 

ではどのようにすれば喉声を解消することが出来るのか。
今回はその方法についてご紹介していきたいと思います。

 

 

【喉を開けるトレーニング】
喉声を解消する最も重要なのが、この『喉を開ける』という動作。
これを意図的に行うことが出来るかどうかが最大のポイントになります。

 

あくびをした時に最大限に喉が開かれ、ツバを飲み込んだりする時は一番喉が閉まっている状態です。

 

モノマネ歌手の青木隆治さんがモノマネをする時に、喉仏を自在に動かしているのをご覧になったことはありますでしょうか?
喉仏が上下に自在に動かしています。

 

あれこそが喉を開いたり閉じたりしている動作です。
女性の方でも喉を触ると軟骨がありますので、触りながらあくびをしてみると、軟骨が下へ下がる動きが確認出来るはずです。

 

この動作を、本当にあくびをしなくても自分の意思で動かせるように練習してみましょう。
これが自在に動かせるようになると、喉声を解消することが出来ます。
(出来る人からすれば何てことのない動作なのですが、意外にも出来ない方は多いです。)

 

コツとしてはこれだけなのでとてもシンプルです。
出来ない方は、無理矢理にでもあくびが出来るようにトレーニングしてみて下さい。

 

 

プロのボーカリストはもれなくこれが意図的に出来ます。

 

 

【喉が開けらるようになったら・・・】
喉が開けられるようになったら、それで発声してみましょう。

 

もちろん低音から高音までまんべんなく発声します。
いくら喉を開こうと意識していても、高い声に差し掛かると少しずつ喉が閉まってくるのがお分かりになりますか?

 

そうです。
人間は高い声になると自然に喉が閉まるものなのです。

 

だからと言ってその自然の流れに則って閉めてしまうと当然良い声は出せませんので、
高い声こそ喉を開く意識をしなければなりません。

 

しかも、、、「あいうえお」の中でも特に「い」と「う」は閉まりやすいです。
なのでここは大袈裟に・・・あくびで思いっきり息を吸って、なるべくその喉の開きのまま「あーーー」もしくは「いーーー」「うーーー」「えーーー」「おーーー」を発声しましょう。(音程は気にせず、出しやすい音で構いません)

 

まずはこれに身体の体感を慣らしていって下さい。

 

時間をたくさん掛けて練習して下さいね。

 

 

そして、たくさん練習をしたら今度はこれに音程を付けます。
ピアノや鍵盤などがあれば最初は低い音を弾いてそれに合わせて発声し、段々と音程を高くして行き発声してみます。

 

すべての母音で発声練習してみて下さい。
ここまでやると喉を開けて発声する、ということにも良い意味で癖づいてきていると思います。

 

 

これらの動作を身体でしっかり覚えて歌や日常会話の発声に活かして行ってみて下さい。

 

 

【まとめ】
いかがでしょうか?
プロの歌手やアーティストさんは、サラッと歌いこなしているような歌でも長年のトレーニングにより
このような技術をベースに身に付けているのです。

 

これらが出来ない方は、焦らず出来るまで時間を掛けても価値がある練習ですので、少しずつでも是非継続して練習していって頂けたらと思います。

 

呼吸も大事ですが、喉周りの使い方は最も大切ですので是非試してみて下さい。

 

 

また、ChihiRoボイス・ボーカルスクールは、無料体験レッスンを随時行っておりますので
お気軽にご相談下さいませ。
(お陰様でたくさんのお問い合わせを頂いており、お日にちによりご予約が難しい場合がございます。ご了承下さいませ。)

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。


------------------------------------------------------
随時、無料体験レッスンを実施しております!
お問い合わせはこちら

 

また、トップページ『@LINE』からでも、無料体験レッスンのご予約・その他お問い合わせが出来ます。是非お気軽にお問い合わせ下さい♪

------------------------------------------------------
【各レッスンコースの紹介】

------------------------------------------------------
 
『ボイストレーナーChihiRo』のYoutubeチャンネルはこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UC6hqZHEUnQvzTdQ5JRRtBAQ?view_as=subscriber
------------------------------------------------------

 

 

 

 

 



TOP 教室の特徴 理念・概要 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム 更新情報