【多くの人が間違えている!?高い声の出し方】

【多くの人が間違えている!?高い声の出し方】

 

2017.4.13

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

早いもので、もう3分の1年が終わろうとしています。
そしてあっという間に冬らしさが消え一気に春の気候になりましたね。
まだ桜を楽しめる地域も多いのではないでしょうか?
今年は例年よりも長く桜を楽しめている気がします。

 

さて、今回のテーマは、【多くの人が間違えている!高い声の出し方】ということで、高い声の出し方についてお話ししたいと思います。

 

最近の曲はキーが高いものが多いですね。
カラオケで歌う時、高くて歌えなかったり、キーを下げて歌ったり工夫すると思いますが、やはり「原曲キーのままで高い声をキレイに出したい!」と一度は皆さん思ったことがあるのではないでしょうか?

 

良くある間違った声の出し方、そして正しい声の出し方とはどのようなものか。

 

 

【良くある間違った高い声の出し方】
発声の訓練をしていない方が何も意識せずに高い声を出そうとすると、基本的に喉を閉めます。

 

これはボーカル的にはNGですが、人間の動きとしては自然にそうなります。

 

鼻歌で曲を歌う癖のある方は特にそうなります。
鼻歌は低い声も高い声も同じボリュームで歌おうとしますので、高い声・・・すなわちパワーが必要な発声なのに同じボリュームで歌ってしまうのです。

 

そのパワー、喉を閉める力で補ってしまっているということですね。

 

「喉に力加えないと高い声でないよ!」という声が聞こえてきそうですね(笑)

 

大丈夫です。
それは以下でご説明します。

 

 

【高い声の正しい出し方】
『高い声はパワーが必要⇒そのパワーは喉を閉める力』これが喉を閉める原因です。

 

ということは、このパワーを他で補うことができれば喉を閉める力は不要・・・ということです。

 

では何で補うか。

 

・お腹の力
・喉を開く力
・声量

 

この3つです。

 

 

《お腹の力》
腹式呼吸と関連してきます。
腹式呼吸を行ったうえでお腹周の力を使って発声します。

 

正確に言うと、発声すると同時に自然に入ってしまう、くらいの感覚が良いです。
意図的に無理やり力を入れようとすると、腹筋トレーニングしてる時のようにカチカチになりますので、それはあまりよろしくありません。

 

あくまでも発声と連動して入るというイメージで使いましょう。

 

※いきなり高い音を出すような歌や、アクセントを付けたりするなど、場合によっては意図的に入れることもありますが、声と連動した動きという意味では同じです。

 

 

《喉を開く力》
高い声になればなるほ喉が閉まりやすければ、高い声になるほど開く意識を持たなければなりません。

 

あくびをすると喉は開きますが、この動きが高い声で必要になります。
発声練習で、だんだんと音を上げていきながら、喉の動きも意識するようにしましょう。

 

 

《声量》
鼻歌では声量が変わらないとお伝えしました。
声量を変えずに発声するということは、その分喉を閉める力に頼って発声するということです。

 

なのでそうならないよう高い声になるにつれて声量も上げていきます。
するとかなり出しやすくなることが分かるはずです。

 

よくレッスンで、50メートル先の人を呼ぶようにして大きな声で自然に「おーーーーーーい」と叫ぶように生徒へ促します。

 

するとたいていの人は高い声でも楽に出せてしまいます。
しかも喉も辛くない、と。

 

これは「お」の発声が喉を開きやすい上に、遠くの人に声を届かせようとすることで声量も出せて、且つ自然に発声しているため余計な力が抜けるからなのです。

 

是非試してみて下さい。

 

 

【まとめ】
いかがでしょうか?
高い声を出すためのポイントを3つお伝えしましたが、これらのバランスが大切です。

 

声量だけを出しても、ただ叫んでいるだけで喉を潰してしまうかもしれません。
しっかり腹式呼吸を行った上でお腹周りの筋肉を使い、喉を開き、声量も出す。

 

これら全部がバランス良く整うことで抜けの良い高い声をキレイに発声することができます。

 

是非試してみて下さいませ。

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。

 

随時、無料体験レッスンを実施しております。(ご予約状況によりますが、当日予約も可能です。)

 

また、トップページ『@LINE』より、直接ボイトレ関連のご相談も承っております。
是非お気軽にお問い合わせ下さいませ♪

 

【各レッスンコースの紹介】 ←こちらをクリック!!

 

 

 

 

 



TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム