【福山雅治さんのようなカッコイイ低音ボイスを出す方法】

【福山雅治さんのようなカッコイイ低音ボイスを出す方法】

 

2017.9.25 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

今回は永遠のイケメン俳優、福山雅治さんのカッコイイ低音ボイスにを出す方法について触れていきたいと思います。
福山雅治さんと言えば、今や誰しもが認めるエンターティナーですね。

 

シンガーソングライター、俳優、ラジオMCなどなど、あらゆるジャンルで第一線で活躍されています。

 

その人気の秘密はなにか。
容姿はもちろんですが、福山さんの発する低音ボイスも人気の一つです。

 

どのような効果があるのか。どのように出せば良いのか。
解説させていただきたいと思います。

 

 

【低音ボイスにはどのような効果があるのか】
男性も女性の声を聴いて「良いな」と感じることはあると思います。

 

女性もしかり。
男性の低く落ち着いた声にとても好感を得るのです。
また、低い声ではっきりとした口調で話すことで、説得力が増したり落ち着いた印象を与えたりとてもしっかりした人間性という印象を与えるなど、日常生活においてもメリットだらけです。

 

元の声質を変えることは難しいですが、低音を効率よく響かせることは誰でも可能です。
日常生活の様々なシーンで活用出来ると良いですね。

 

 

【福山雅治さんのような低音ボイスを出すためには?】
昨今の歌手を見ると皆さん声が高いですね。
それとは対照的に、福山さんは話し声も歌声も低いです。
(それがかえって福山さんの特徴でもあり、人気の秘密なのです)

 

では福山雅治さんはなぜあのように低い声をキレイに出すことが出来るのでしょうか。

 

それは効果的なチェストボイスの活用。

 

チェスト=胸 ボイス=声
“胸に響かせる声” と言う意味です。

 

声は息に乗って外に出ます。
当然声帯で作られた声はそのまま口から外で出ますので、胸は通過しません。

 

しかし、低い声をしっかり響かせることで胸への振動が強く感じられるようになります。

 

なぜか。
声は発せられる時、空洞で響きが生まれます。
その空洞とは口の中・・・口腔内と鼻の中・・・鼻腔内です。
これらの空洞で強く響く程に、その波動が胸にも伝わって振動が感じられるという仕組み。

 

とまぁこんな事を考えると難しいですから、
低い声は、単純に胸に響かせるように発声しましょう、ということです。

 

発声をしながら鎖骨を手のひらで触り、振動が強く感じられれば感じられる程にキレイに響いている証拠です。

 

主に低い声でしか振動しないため、女性は感じにくく、中には全く感じないという方もいます。

 

ここで一つポイントなのですが、
胸で響かせようと意識するあまり、声が小さくなってしまっては本末転倒です。
胸の響きも感じつつ、声もハキハキと発声出来る状態を作らなければなりませんので、響きと声量のバランスを意識すると良いです。

 

 

【まとめ】
いかがでしょうか?
練習し始めは違和感があると思いますが、慣れていくと無意識レベルでこの低音ボイスを使うことが可能です。

 

是非試してみて下さい♪

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。


------------------------------------------------------
随時、無料体験レッスンを実施しております!
お問い合わせはこちら

 

また、トップページ『@LINE』からでも、無料体験レッスンのご予約・その他お問い合わせが出来ます。是非お気軽にお問い合わせ下さい♪

------------------------------------------------------
【各レッスンコースの紹介】

------------------------------------------------------
 
『ボイストレーナーChihiRo』のYoutubeチャンネルはこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UC6hqZHEUnQvzTdQ5JRRtBAQ?view_as=subscriber
------------------------------------------------------

 

 

 

 

 


TOP 教室の特徴 理念・概要 生徒さんの声 コース/料金 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム 更新情報 外部リンク