【菅田将暉さんのイケメンボイスと歌唱力の秘密!その声の出し方とは!?】

【菅田将暉さんのイケメンボイスと歌唱力の秘密!その声の出し方とは!?】

 

2017.7.28

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

今回は今ノリに乗っている俳優の1人、菅田将暉さんの声と歌唱力について触れていきたいと思います。

 

菅田将暉さんは俳優、ラジオパーソナリティー、歌手とマルチな活躍をされています。

 

なぜそんなに人気があるのか?
どこに秘密があるのか?
容姿や演技はもちろんですが、ここでは声や歌唱に触れていきます。

 

 

【見た目とのギャップ?非整数次倍音を活かした声?】

 

《倍音について》
皆さん、「倍音」という言葉を聞いた事はありますか?
もしあっても説明出来る方はなかなかいないかもしれませんね。

 

簡単に言うと、Aという音を基準とした時、Aの周波数(音の高さを表す数字で単位はヘルツHz)の整数倍の高さの音のことを指します。

 

例えば2倍の周波数なら2倍音、3倍なら3倍音といった感じです。

 

具体的に言うとA4(ラ)440Hzに対して、1オクターブ上のA5(ラ)880Hzは2倍音の音、ということになります。

 

 

【音は基本的に複数の音が鳴っている!?整数次倍音と非整数次倍音とは】
例えばピアノでA4(ラ)440Hzを弾いた場合、人間の耳には「ラ」の音しか聞こえません。

 

しかし音波系などで計測すると他の倍音の音も発せられているのです。

 

A4(ラ)440Hzを弾いたら、2倍音のA5(ラ)880Hzの音も出ているといった具合です。

 

この倍音、通常は整数倍のものが基本ですが、整数倍ではない音を出す場合があります。
整数の倍音のことを整数次倍音と言いますが、整数ではない倍音を非整数次倍音と言います。

 

人間の声や尺八はとても非整数次倍音を含んだ音が出やすいのです。

 

 

【整数次倍音と非整数次倍音の効果】
《整数次倍音》
整数次倍音の声は、整数の倍音ということで比較的整った音・・・つまり声で言うとクリアでアナウンサーのように通る声のことを言います。

 

桝 太一アナウンサーや水卜麻美アナウンサーなどかこれにあたります。

 

整数次倍音はカリスマ性のある音色で、説得力があり、力強いという特徴があります。

 

《非整数次倍音》
一方、非整数次倍音の声は整数倍でない倍音も含むため、比較的ざらついた感じの声になります。

 

徳永英明さん、さんまさんなとがこれにあたります。

 

非整数次倍音は、親近感がある反面、人の注意を向けやすいという特徴があります。

 

 

【菅田将暉さんは整数?非整数?】
では菅田将暉さんは整数次倍音と非整数次倍音のどちらになるのでしょうか?

 

実は菅田さんは両方上手く使い分けてらっしゃるタレントさんの1人です。

 

カリスマ性もあり親しみやすさもあり、使い分けができているタイプです。

 

美空ひばりさんの「川の流れのように」もそうなのですが、最初は非整数次倍音で親しみやすい声で語りかけるように歌い出します。

 

そしてサビのクライマックスでは整数次倍音を取り入れ(本人は無意識かもしれませんが)、一気に人の心を惹きつけるのです。

 

菅田将暉さんは、ラジオなどの話す声は整数次倍音が多めの声ですが、笑う時や人には質問したり語りかける時は非整数次倍音を取り入れています。

 

まさに美空ひばりさんと同じような使い分けをされているのです。

 

 

【まとめ】
声の人に与える印象はとても大きく重要です。
菅田将暉さんの容姿も人気の要素の一つですが、カリスマ性や親近感のある声も要素の一つです。

 

普段の会話で、相手からあまり良い反応が得られなかったり、意思が伝わりづらいと感じる方は、一度ご自身の声と向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。

 

随時、無料体験レッスンを実施しております。(ご予約状況によりますが、当日予約も可能です。)

 

また、トップページ『@LINE』より、直接ボイトレ関連のご相談も承っております。
是非お気軽にお問い合わせ下さいませ♪

 

【各レッスンコースの紹介】 ←こちらをクリック!!

 

 

 

 

 


TOP 教室の特徴 理念・概要 生徒さんの声 コース/料金 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム 更新情報 外部リンク