【山本美月さんのようなナチュラルボイスの作り方】

【山本美月さんのようなナチュラルボイスの作り方】

 

2017.5.24

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

もう真夏ですね。
5月なのに。
真夏な気温。
年々気温変化が激しくなってる気がします。
体調崩さないように皆さんも気をつけて下さいね。

 

さて今回は、今話題の映画、ピーチガールで主演を演じる人気モデル・人気女優の山本美月さんのナチュラルボイスについてお話ししたいと思います。

 

 

【役者出身の俳優さんとは一線を画する自然体な声】
山本美月さんの声を聴くとおわかりいただけると思いますが、良い意味で完成された声ではありません。

 

声優さんや舞台役者さんのように太く通る声を作るようなところからスタートしていない分、声がナチュラルです。

 

良い声を出そうとするとなぜか野太い声になってしまったり、声だけがやたらと力強くなってしまい、長時間声が持たないという方も多いのですが、山本美月さんにはその傾向が感じられません。

 

なるべく自然な状態で通る声だして、日常生活に活かしたいものですね。

 

ではどのようにすれば自然体に、通る声が作れるのでしょうか。

 

 

《腹式呼吸と脱力ボイス》
まずは何と言っても基本の呼吸を整えます。
これが出来ないとどうしても喉声になってしまいます。

 

吸う時にお腹を膨らませ、吐く時(発声する時)には適度にお腹周りに支え(力)が入り、やがて空気が無くなるにつれてお腹はへこんでいきます。

 

息を吸う時も吐く時も、肩や胸周りは完全に力を抜きます。

 

《発声する時のポイント》
山本美月さんの声は低くありません。
どちらかと言えば中高音あたりの音域の声をされています。

 

自然体に声を出すためには、胸への響き30%、鼻周りへの響き70%くらいの割合で発声します。
(舞台役者さんは生声を強く出すため、胸への響き70%くらいのイメージです。)

 

この時、決して志村けんさんのような鼻声にならないよう注意して下さい。
あくまでも自然体に、がポイントです。

 

また、声量が小さ過ぎても声がこもりやすくなるため注意して下さい。

 

文章を音読するトレーニングを行ってみるとより感覚が掴みやすくなるのでオススメです。

 

 

【まとめ】
不自然ではない、自然な声で良い声を作っていくことは誰でもできます。
毎日少しずつ音読トレーニングをしてみてはいかがでしょうか?

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。

 

随時、無料体験レッスンを実施しております。(ご予約状況によりますが、当日予約も可能です。)

 

また、トップページ『@LINE』より、直接ボイトレ関連のご相談も承っております。
是非お気軽にお問い合わせ下さいませ♪

 

【各レッスンコースの紹介】 ←こちらをクリック!!

 

 

 

 

 


TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム