【お悩み相談】EXILE ATSUSHIさんのような滑らかなミックスボイスが出したい。

【お悩み相談】EXILE ATSUSHIさんのような滑らかなミックスボイスが出したい。

 

2017.2.19 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

今回もいただいたお悩み、ご質問に答えていきたいと思います。

 

【ご質問】
EXILE ATSUSHIさんの声はどうなっているのでしょうか?
ミックスボイスを駆使して歌っているのは分かるのですが、どんなに練習してもあのような滑らかさが出せません。
どのようにしたらATSUSHIさんのように歌えるのでしょうか。
真剣に練習したいので練習方法など教えていただけたら嬉しいです。

 

【回答】
ご質問ありがとうございます。

 

結論が申し上げます。
行っているのはミックスボイスで間違いありませんが、あの滑らかさを出すためにATSUSHIさん自身も相当努力をされた結果ですので、簡単にできるものではありません。

 

様々な練習の結晶でできるようになっているはずですので、その練習方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

【洋楽の練習】
まず、EXILEのATSUSHIさん、学生の頃からボーカルを専攻して練習して来られたのですが、当時はスティービー・ワンダーなどの洋楽をカバーしたりして練習なさったそうです。(当時の担当ボイストレーナー談)

 

英語の発音はとても繊細です。
日本語は母音が5つですが、英語の母音は26個あります(子音は24個)。
あっとう的に日本語よりも多いのです。

 

同じ「あ」でも「?」「a」「a」など、たくさんあります。
これらを使い分けできる日本人は、英語を嗜んでいる方でないとなかなか難しいです。

 

歌きっかけで英語の発音練習を始めてみてはいかがでしょうか?
「滑らかに歌う」「キレイに歌い上げる」、これらを行うために英語の発音練習はとても大きな力になります。

 

[関連リンク]
【洋楽を上手に歌うコツ】
【英語詞をかっこよく歌う方法】

 

 

【発声基礎】
忘れてはいけないのが当然ながら基礎です。
腹式呼吸、共鳴 etc...
しっかりバランス良く基礎ができた上での歌唱になりますので、ここは疎かにしないように毎日行いましょう。

 

以下、リンクを張りましたので、是非参考にしてみて下さい。

 

[関連リンク]
【超簡単!腹式呼吸のやり方とメカニズム】 
【腹式呼吸を発声につなげる方法】 
【腹式呼吸を上手にやるためのコツ】 
【共鳴について】

 

 

【ミックスボイスのトレーニング】
《ミックスボイスとは》
基礎の発声トレーニング、英語の発音トレーニングと併行して、もちろんミックスボイスのトレーニングも行います。

 

そもそもミックスボイスとは何なのか。
声には個人差があるため確実な定義は曖昧ですが、「裏声と地声を繋ぐ中間地点の声」と表現されることが多いです。

 

人によっては裏声っぽく聴こえたり、地声に聴こえたりもします。
例としては平井堅さん、平原綾香さんなどはミックスボイスの名手です。

 

次に、ミックスボイスの練習に移る前に確実に出来なければならないことがありますので、ご紹介します。

 

《ミックスボイスのトレーニングの前に必要なこと》
●腹式呼吸
●共鳴
●ロングブレス
●ロングトーン(全母音)

 

これら4項目です。

 

腹式呼吸と共鳴は前述してありますので割愛します。
ロングブレスは息の安定です。
「スーーーーー」と息を45秒くらい吐き続けられると良いです。

 

またロングトーンについては、出しやすい音域で「あーーー」「いーーー」「うーーー」「えーーー」「おーーー」すべての母音で、それぞれ20秒以上、振らさず安定的にまっすぐ伸ばして発声できるようにしましょう。

 

これらが出来ていないにも関わらずミックスボイスのトレーングを行っても、ほぼ間違いなく出来ないです。
むしろミックスボイスで少々優しめに声を出そうとすると、声が揺れてしまいます。

 

《ミックスボイスのトレーニング》
人によっては地声の延長線上で軽く息を混じらせるだけでミックスボイスが簡単に出る方もいます。

 

例えば地声の低音から、裏声の高音まで一息でスラーで発声してみて下さい。(「あ」でOK)
地声と裏声が極端に切り替わってしまったら失敗です。
キレイに滑らかに繋げられたら成功です。
そして、地声と裏声の繋ぎの部分の発声がミックスボイスです。

 

もし出来ない場合はできるまで繰り返し練習してみて下さい。
これができたらミックスボイスの発声はできるはずです。

 

 

【まとめ】
ミックスボイスは人によっては簡単にできますが、基本的に高等歌唱技術なため、コツを掴むまで難しいです。
もし真剣に取り組む場合は、ボイストレーナーを付けて練習した方が確実ですので、是非お気軽にご相談下さい。
無料の体験レッスンでも確実に体感して頂けるはずです。

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
ボイトレの無料相談も承っております。
お問合せフォーム、もしくはTOPページの「LINEロゴ」からお問合せ下さいませ♪

 

 

 



TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム