【Superfly 越智志帆さんのパワフルな高音はどうやったら出せるか?】

【Superfly 越智志帆さんのパワフルな高音はどうやったら出せるか?】

 

2017.7.12

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

今回は、女性ボーカリストが憧れる女性ボーカリスト、Superfly 越智志帆さんの歌についてのコラムです。

 

女性ボーカリストの生徒さんの中で「Superflyのような太いソウルフルな声で歌いたい!」「Superflyのような抜群な歌唱力が欲しい!」という声はとても多いです。

 

Superfly 越智志帆さんのように歌えるようになりたいと考える方の殆どは、「そもそも練習したら彼女のように歌えるのか?」という疑問がまず浮かぶと思います。

 

結論から言います。
声質そのものは当然変えられませんが、練習次第では近づけたり、同じような響きの声を手に入れることは出来ます。

 

今回はどのようにすればSuperfly 越智志帆さんのような声や響きを手に入れられるのか、どのようにすれば高音をパワフルな高音を出せるのか、などについてお話させていただきたいと思います。

 

 

【そもそも声が響く要因にはどのようなものがあるのか?】
声を響かせるためには、基本的な『発声技術』と『身体(=楽器)づくり』がとても大切です。

 

ボイストレーニングの現場では基本的な発声技術(腹式呼吸や共鳴、発声など)を習得する練習を行います。
ただ、これだけでは良い声は出せません。

 

身体づくりがとても大切なのです。

 

例えばギターであれば、ボディが変われば当然響き方が変わってきます。
大きなボディであれば太く、小さなボディであれば細く響きます。

 

オペラ歌手では太った方が多いのはこのような理由が挙げられるのです。
しかし、だからと言って「太れば誰でも良い声が出せるんだ!」という訳ではありません。
確かに身体が大きければそれだけ響きやすいボディは作れるかもしれませんが、絶対とは言い切れません。

 

「響きやすい身体を作る」とは健康的な食事や適度な運動を心がけることで作ることが出来ます。
身体が固すぎたり運動不足によって身体が重かったり食事が偏ったりすれば、当然身体は不健康な状態になり、声を出す楽器としての身体は良い状態であるとは言えないのです。

 

『身体づくり+ボイストレーニング』を日々行うことで自分にとってのベストの声の響きを手に入れることが出来るのです。

 

 

【Superfly 越智志帆さんの基本発声】
ボーカリストによって若干発声方法が異なったりすることがありますが、基本的な呼吸や発声は同じです。
●基本発声=腹式呼吸+共鳴発声
これを行った上でSuperfly 越智志帆さんのような発声をするために一つ大切なことがあります。

 

『身体の深いところからしっかり発声する』ということ。
これを低音から高音、どの音域に対しても必ず行うことです。

 

クラシックの声楽出身の方はイメージとして、高音は頭の上へ響かせるように発声する、なんて話をよく聞きますが、このイメージを意識するあまり声が上に伸びすぎて細く軽い声しか出ない、という方がいるのです。

 

そのため、Superfly 越智志帆さんのような太くパワフルな声を出すためには、全ての音域に対して、身体のお腹あたりから頭上へ一気に息と声が駆け上がるようなイメージで発声します。

 

もちろんこの時、肩や胸周りは脱力しなければなりません。

 

このように発声することで、声は軽くならず、しっかり芯のある状態で高音も太く響かせることが出来るのです。
慣れるまでは難しいですが、丁寧に行えばコツを掴めるはずです。
是非試してみて下さい。

 

 

【Superfly 越智志帆さんの発声を習得するために効果的な練習方法とは?】
発声の方法がお分かりいただけたら、あとは練習するのみです。

 

ではどのように練習を行うのが効果的か。
以下、カラオケでの練習方法をお伝えします。

 

●練習曲を一つ決める
●自分の出せるキーに合わせて練習する
●ゆっくりなテンポから練習し、慣れてきたら通常のテンポに近づけていく

 

歌の中で練習した発声方法を活かして行かなければなりませんので、「正しい発声で歌える」という事を最優先にして練習しましょう。

 

なのでこの場合、感情移入や雰囲気は二の次でOK。
原曲キーが望ましいですが、自分のキーと合っていなければ歌いやすいキーで歌いましょう。
また、正しく発声するために、確認しながら歌えるゆっくりなテンポから始めると入りやすいです。

 

録音しながら行うと上達は断然早いので、是非録音して確認しながら練習してみて下さい。

 

 

【まとめ】
今までとは違う発声に切り替えるということはとても大きな転換点で、始めは歌いづらさを感じてしまうものですが、慣れていくことで自然に楽に歌えるようになりますので、是非継続して練習することを心がけましょう。

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。

 

随時、無料体験レッスンを実施しております。(ご予約状況によりますが、当日予約も可能です。)

 

また、トップページ『@LINE』より、直接ボイトレ関連のご相談も承っております。
是非お気軽にお問い合わせ下さいませ♪

 

【各レッスンコースの紹介】 ←こちらをクリック!!

 

 

 

 

 


TOP 教室の特徴 理念・概要 生徒さんの声 コース/料金 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム 更新情報 外部リンク