【山下智久さんの歌い方〜アクセントとセクシーボイス〜】

【山下智久さんの歌い方〜アクセントとセクシーボイス〜】

2017.1.31 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

今回は、ジャニーズの第一線で活躍している山下智久さんの歌についてお話ししていきたいと思います。

 

山下智久さんの歌を聴いて感じる率直な感想は皆さんそれぞれあると思います。
容姿はもちろんですが、山下智久さんの声自体もとてもセクシーで魅力のある声ですね。

 

アクセントも強すぎず適度で、さらっとストレートな丸みのある声で真っすぐ歌い上げる感じがとても魅力的なのだと感じます。
ではなぜ魅力的に感じるのか。なぜカッコよさを感じるのか。

 

ボイストレーニングの見解で2つの視点から解説していきたいと思います。

 

@【山下智久さんの歌のアクセントの付け方】
1つ目は、アクセントの付け方です。

 

歌いはじめの言葉や、リズムの頭の言葉、音程が急に上がるところなどで主に歌詞の言葉にアクセントを付けます。
同じ「あ」の発音でも、シンプルに「あ」と発音するのと、しゃくって「ぁあ」と発音するのでは印象も大分変ります。

 

特にロックアーティストや個性の強いボーカリストはこのアクセントの発音が強すぎることが多いのですが、
山下智久さんのアクセントの場合、そこまで強くありません。

 

そのため、歌全体がしつこくならず、ストレートにさらっと歌い上げているように感じますし、どこか余裕感すら感じるのです。
(もちろん本人は集中してしっかり歌ってらっしゃいますが。。。)

 

ソフトアクセントを使いこなすボーカリストと言えます。

 

A【山下智久さんのセクシーボイス】
このセクシーボイスを作り上げている要因は2つあります。
1つは声質そのもの。もう1つはフレーズ処理の技術です。
それぞれ解説していきます。

 

《声質》
山下智久さんの声質自体、ものすごい個性的かというとそうでもないように感じる方もいるかもしれません。
しかし、街中で山下智久さんの歌が流れてくると、「あ、山ピーだ!」とすぐに分かります。

 

歌声自体はストレートに歌い上げますし、声質自体も太すぎず細すぎない、籠りすぎずキンキンし過ぎるわけでもない、そして暗すぎず明るすぎない・・・言ってしまえば絶妙なバランスを持った声質と言えます。

 

素直でまっすぐな丸みのある声質こそが、山下智久さんの唯一無二の魅力的な声なのです。

 

《フレーズ処理の技術》
2つ目は息混じりのフェードアウト。そしてノンビブラート。

 

歌い終わりの部分について、ビブラートで終わる方もいればプツッと切って終わる方もいます。
山下智久さんの場合は、フレーズの歌い終わりはビブラートせずに終わります。(ノンビブラート)

 

ビブラートしない代わりに何をしているかと言うと、ボリュームを徐々に下げていくフェードアウトを使っています。
しかもフワッと消えるようにして歌い上げています。
これは、ボリュームを徐々に下げながら吐息混じりの声に変化させていって歌い終えるというテクニックです。

 

そうすることで、歌い終わりがどこか優しくセクシーに聴こえてくるのです。

 

【まとめ】
いかがでしょうか。
山下智久さんの丸みのある唯一無二の声質で、ソフトアクセントとノンビブラートで息を絡めて歌い終えるフレーズ処理技術。
声質は真似できませんが、ソフトアクセントやフレーズ処理については、男性はもちろん、女性でも使える歌唱テクニックですので、是非お試し下さい♪

 

細かいテクニックや歌唱レクチャーについては、当スクールの無料体験レッスンでもお試しいただけます。
是非お気軽にご相談下さい☆彡

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
ボイトレの無料相談も承っております。
お問合せフォーム、もしくはTOPページの「LINEロゴ」からお問合せ下さいませ♪

 

 

 



TOP 教室の特徴 理念・概要 生徒さんの声 コース/料金 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム 更新情報 外部リンク