【原曲キーで歌いたいけど歌えない。曲を変えた方が良い!?】

【原曲キーで歌いたいけど歌えない。曲を変えた方が良い!?】

 

2018.11.2 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

 

今回は質問も多い話題について触れて行きたいと思います。

 

 

よくレッスンで「原曲キーで歌いたいので下げたくありません!」と言う人が多い。
果たしてこのまま練習し続けても良いのかどうなのか。

 

 

答えは・・・
場合によってはOK。
場合によってはNG。

 

 

です。

 

 

どういうことか。
ご説明して行きます。

 

 

 

 

【まずは自分の出せる音域を知ること】
これはとても大事!!

 

 

地声でどの音域を発声することが現時点で可能なのか。
裏声でどの音域を発声することが現時点で可能なのか。
これを知るところから始めましょう。

 

 

ピアノで音を取りながら発声して確認していくようにします。
(ギターよりもピアノの方がより正確に音が判ります)

 

 

 

 

【どう歌いたいか】
原曲キーでの音域というのは、曲にもよると思いますが殆どの場合裏声まで使えば歌えると思います。
もちろん地声でも歌える場合はそのまま原曲キーのまま歌ってOK。
また地声だと原曲キーが出ない場合でも、裏声を駆使すれば歌える、それでも構わないという場合はそのまま原曲キーのまま練習してOKです。

 

 

 

しかし「地声では原曲キーの音域が出ない、でも地声で原曲キーを歌いたい」という場合は少し考えなければなりません。何故なら難しい音域のまま無理して練習することは喉を壊してしまう可能性があるからです。

 

 

 

【地声で原曲キーは届かないが地声で原曲キーを歌えるようになりたい場合の練習法】
このケースの場合、どのようにすれば良いのか。

 

 

どんなに正しい発声法が出来ているプロフェッショなるだとしても無理なキーを無理やり発声しようとすると当然声帯の負担が重く喉を壊してしまいかねません。
声は声帯周りの筋肉を使って出しますので、言わば5kgのダンベルを持つのがやっとな筋力の人にいきなり20kgのダンベルで筋トレしろと言うのと同じくらい無理があるのです。怪我をする可能性大ですね。
最悪出し過ぎでポリープになってしまう可能性だってあります。

 

 

ですから時間を掛けて音域を広げて行かなければなりません。
筋トレと同じように、ギリギリ出せる音域の発声を正しく出していく練習を繰り返しましょう。
そして少しでも疲労を感じたらしっかり休むことも忘れてはいけません。

 

 

そして限界ギリギリの音域の発声に慣れて来たら、少し限界突破する為に一つ上の音域を一瞬でも良いので出せるかトライしてみましょう。
本当に一瞬でも良いので出せたら音域を広げるチャンス!!
その音を少しずつで良いので練習に取り入れるようにしていって下さい。

 

 

このように少しずつ伸ばすトレーニングをすることで個人差はあれど確実に音域は広がります。
現にこの方法でわずか半年で2音も上がる人もいるのです。

 

 

 

 

無理は禁物ですが、地道な積み重ねでたった半年で原曲キーを難なく歌えることもあるのでやる価値大です。

 

 

 

 

ただし正しい発声で行わないと逆に喉を壊して逆に音域が狭くなってしまう方もいるので、デリケートな声帯を扱うわけですから、必ずボイストレーナーを付けてトレーニングするようにしましょう。

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。


------------------------------------------------------
随時、無料体験レッスンを実施しております!
お問い合わせはこちら

 

また、トップページ『@LINE』からでも、無料体験レッスンのご予約・その他お問い合わせが出来ます。是非お気軽にお問い合わせ下さい♪

------------------------------------------------------
【各レッスンコースの紹介】

------------------------------------------------------
 
『ボイストレーナーChihiRo』のYoutubeチャンネルはこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UC6hqZHEUnQvzTdQ5JRRtBAQ?view_as=subscriber
------------------------------------------------------

 

 

 

 

 


関連ページ

【オススメ!喉開けトレーニング法!】
【高いラ(A4)を楽に出すには、◯◯まで出せるようになる必要がある!!】
【『声の響き』って良く耳にするけど何?】
【大きな声や高い声が出せないのは気持ちの問題!?】
【歌の練習は毎日するべきなのか!?】
【『喉を開く』感覚とはどういうものか!?】
【いざ人前で歌えない方は○○が問題!?】
【カラオケでカッコ良く歌うためのコツ!これであなたも人気者!】
【プロを目指す9割の人に足りないプロボーカリストに必要な事】
【練習曲の選曲の仕方と練習における注意点】
【ボーカリストは筋トレした方が良いのか!?】
【歌唱力を身に付ける一番の近道】
【自分の声質・印象のセルフチェック!】
【声を出さずにできる!?自宅でも可能なボイストレーニング】
【電話・マイク等、機械に声を通す場合の発声について】
【あがり症の方へ。正しい呼吸法や発声法で落ち着いて話すことができます。】
【喉を開けて歌う練習方法とは?最適な練習曲は?】
【実は多くの人がやっている!?間違ったボイストレーニングとは】
【肺活量を増やす方法】
【深夜でもできるボーカル練習法】
【ボーカルのライブ当日の持ち物チェック】
【自分の歌声の魅力を知る】
【歌手になるためには・・・】
【歌に基礎トレーニングは必要か】
【歌を学ぶにあたっての心得】
【自分らしく歌う。】
【マジメに歌わなくていい】
【ライブパフォーマンスとボイストレーニング】
【歌う前のウォーミングアップについて】
【歌がうまいとはどういうことか】
【ライブ前のコンディションの整え方】
【変声期とボイストレーニング】
【ステージングをかっこ良く魅せるコツ】
【歌う前に行うウォーミングアップ】
【声と睡眠】
【歌と食事】
【歌の練習場所について】
【歌う時の服装について】
【声質による印象(整数次倍音と非整数次倍音)】

TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム