【音程が取れない生徒さんへのレッスン方法】

【音程が取れない生徒さんへのレッスン方法】

 

2017.8.13

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

ボーカルを習いに来る方の中には、音程が取れない・・・いわゆる音痴と言われる方はとても多いです。
悩みに悩んで、勇気を出して音痴を治したいという気持ちで声を掛けて下さる。

 

「会社の集まりでカラオケに行き、歌わざるを得ない状況になるととても憂鬱になる」というお声はとても良く聞きます。
歌でなくても、そもそも人前で何かをするということ自体が苦手な人は特にそうですね。

 

このような方を指導する場合、どのようなレッスンを遂行して行けば良いのか。
ボイストレーナーの方、もしくはこれからボイストレーナーになる方にも参考にしていただけたらと思います。

 

 

【音楽に慣れさせる】
音が取れない方のほとんどが「幼少期に楽器に触れなかった」「幼少期に音楽に触れなかった」と口を揃えておっしゃいます。
そして大人になってからも、あまり音楽を聴かないという方も多いです。

 

そのため、まずは「音楽を楽しみながら聴き慣れる」ということがとても大切です。
好きな音楽を通勤時などや移動中に聴いて、日常に音楽を取り入れることを試みるようにします。

 

 

【好きな曲・単純な曲で歌の練習をする】
大前提として好きな曲を練習曲として選曲しましょう。
好きな曲でないと歌うモチベーションもなかなか上がりません。
楽しみながら、ということを前提として取り組むことがとても大切。

 

そして、いきなり難易度の高い曲ではなく、単純で分かりやすいメロディーの曲を選曲しましょう。
音の変化の少ないバラード曲、誰でも知っている童謡なども良いです。

 

好きな曲で、分かりやすく覚えやすい、そして歌いやすい曲を選曲する、ということがとても大切です。

 

 

【歌詞を用意する(可能なら楽譜も用意する)】
音楽に触れて来なかった方は、当然楽譜も読めません。
そのため、楽譜での勉強をしても当然良いのですが、目的は音痴を治すこと。
そのため、まずは難しい理論は抜きで音の感覚で音を取れるようにしましょう。

 

歌詞を用意して、歌って録音します。
そして音がズレた部分を歌詞でチェックしていきます。(分からなければボイストレーナーにチェックしてもらう)
正しい音よりも高くなってしまっているのか、低くなってしまっているのか。

 

毎回同じ場所でズレるという場合は、音がズレるパターンのようなものも見いだせる場合も多いです。
歌詞を用意してチェックすることはとても大切です。

 

 

【音がズレた箇所のフレーズのみを繰り返し歌ってみる】
音がズレた箇所は毎回ズレる可能性が高いです。
そのため、ズレた箇所の部分練習を行います。

 

反復練習を行うことで感覚が研ぎ澄まされていき、どの音が間違っているのか、どの音が合っているのかが少しずつ分かってきます。

 

 

【鍵盤やチューニングマシンで音感を高める】
そもそも音の情報が脳内に無いことが多いので、単音での音を時間を掛けて感覚で覚えて行きます。
譜面で音の高さなどを頭で覚えてもそれを再現出来ないのが音痴の特徴。

 

そのため、理論ではなく感覚で一つ一つの音に対しての感覚を研ぎ澄ませる必要があります。
鍵盤で「ドレミファソファミレド」などの音階を弾きながら母音を発声していく練習はスタンダードですが、
これもメロディに聴こえて音が取れない方は、「ドッドッドー」「レッレッレー」と一つずつの音で発声練習していくと良いです。

 

そして、その音が本当に合っているのかどうかについては、ギターのチューニングマシン(スマホアプリでもOK)で音が合っているかチェックしましょう。
視覚的にも確認することで自信に繋がりますし、正確な音を捉えやすくなります。

 

 

【まとめ】
今回は音の感覚が無い方へのトレーニング方法をご紹介しました。
中には音感はあっても発声技術の問題で音を外してしまう方もいますし、子音や言葉の切り替えで音がズレてしまう場合もあります。
その場合は別のトレーニングが必要ですが、主に音が取れない場合は今回のようなトレーニングで改善させることが可能です。
是非実際の練習の現場でも活用していただけたらと思います。

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。

 

随時、無料体験レッスンを実施しております。(ご予約状況によりますが、当日予約も可能です。)

 

また、トップページ『@LINE』より、無料体験レッスンのご予約・その他お問い合わせが出来ます。
是非お気軽にお問い合わせ下さいませ♪

 

【各レッスンコースの紹介】 ←こちらをクリック!!

 

 

 

 

 



TOP 教室の特徴 理念・概要 生徒さんの声 コース/料金 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム 更新情報 外部リンク