【スキマスイッチ 大橋卓弥さんの歌の表現方法について】

【スキマスイッチ 大橋卓弥さんの歌の表現方法について】

 

2018.9.26 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

 

今回はスキマスイッチのボーカル・大橋卓弥さんの歌唱テクニックや表現方法について解説して行きたいと思います。

 

歌唱テクニック・表現力が高いアーティストさんなので音楽を本格的にやっている方でも
好きな人は多いのではないでしょうか。
曲も素晴らしいものばかりなので素人さんでも「歌いたい」という衝動に駆られる曲が多いです。

 

ではその表現力や歌唱テクニックにはどのようなものがあるのか。
今回はスキマスイッチさんの代表曲「奏」をテーマに解説したいと思います。

 

 

【ピッチベンド】
よく大橋卓弥さんが使用するテクニックなのでスキマスイッチさんの曲を歌いこなしたい方は覚えておきましょう。

 

Aメロの最初の「改札の前」というフレーズ。
いきなりピッチベンドというテクニックを使っています。
「かいさつのまえ」の「の」の発音に注目して下さい。

 

本来の音よりも少し低いところから入って発音しているのが確認出来ます。
「わからない!」と言う方は耳のトレーニングにもなりますので何回も聞いてみて下さい。

 

他で使われているところをいくつかピックアップして書き出してみました。

 

・「新しい風」の「ら」
・「明るく見をくる」の「を」
・「君をみていた」の「を」と「た」
 ⇒ここの「た」は低い音→高い音→低い音の順に音が変化して、山を描くように歌っているパターンのピッチベンドです。
・「君が大人になってく」の「が」と「なって」
・「最後になにか君に」の「ご」と「みに」
・「ぼくは探してた」の「は」

 

結構あります。
これは慣れも必要ですし、入れる箇所に関してはセンスや感性も必要です。

 

 

【息の量のコントロール】
息の量を多くして柔らかく発声しているところと、声の芯を強くしてハッキリ発声しているところのコントラストを明瞭にさせることで表現を強くしている箇所がいくつもあります。

 

例えば、
「改札の前つなぐ手と手」の「改札の」までは柔らかく「前」は強く発声しています。
そして「つなぐ手と手」はまた柔らかく戻ります。
そうすることで強弱が生まれ、ただ音程を追っているだけの歌ではなくなります。

 

他にも同じような表現になっているいくつか箇所をピックアップしてみました。

 

・「明るく見送る」の「明るくみ」まで柔らかく「おくる」が強め
・「君を見ていた」の「君をみ」まで少々柔らかく「ていた」が強め。
 ⇒ここは特にサビ前なのでサビに向かって強くなっていくような感じです。

 

・「伝えたくて」の「伝えた」まで強く「くて」が柔らかめ
・「さよならに」の「さよ」が柔らかく「ならに」が少々強め
・「変わる言葉を」の「変わ」まで強く「る言葉を」が弱め

 

CDの音源は完成されすぎているので、良く聞かないと分かりづらいかもしれませんが
実際にこのような形で強弱が付けられています。

 

 

【話し声のようにナチュラルな発声】
Aメロの「改札の前つなぐ手と手」というフレーズなど、音程が高くない部分・・・要するに話し声のトーンでも発声できそうなくらいの音の高さのメロディでは極めてナチュラルに歌っています。
まるで口ずさむように。

 

正にその通りで、大橋さん本人も頑張って歌っていません。
ここがポイントです。
多くの素人さんは「うまく歌おう」「しっかり歌わなければ」「集中しなければ」という思いから逆に語気が強くなってしまったり音量が大きくなってしまったり、わざとらしかったり聞こえてしまうことが多々あります。

 

ポイントは話すように自然で、楽に、頑張って出していないような声で歌うことが重要です。
頑張って出す、と言うよりも口の空間や鼻の空間に響かせる、という感じです。

 

ですからもちろん、話し声にも歌声にも活用出来る技術です。
これは感覚の部分も大きいため、録音して聞いて録音して聞いてを繰り返して、大橋さんのように自然に歌えているかチェックしながら正しい発声に近づけていくようにすると近道です。

 

 

【まとめ】
いかがでしょうか?
細かいテクニックは他にも使っていますが、主にはこれらのテクニックが使われています。
裏を返せばこれらのテクニックを自在に使えるようになれば「奏」はある程度プロっぽく歌えるようになると言うことです。

 

是非試してみて下さい♪

 

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■ /■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
スーパー初心者〜超プロ志向のボーカル、ビジネスや日常での話し声に至るまで、
一人一人に合わせた確かな体感型のボイストレーニングを行っております。


------------------------------------------------------
随時、無料体験レッスンを実施しております!
お問い合わせはこちら

 

また、トップページ『@LINE』からでも、無料体験レッスンのご予約・その他お問い合わせが出来ます。是非お気軽にお問い合わせ下さい♪

------------------------------------------------------
【各レッスンコースの紹介】

------------------------------------------------------
 
『ボイストレーナーChihiRo』のYoutubeチャンネルはこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UC6hqZHEUnQvzTdQ5JRRtBAQ?view_as=subscriber
------------------------------------------------------

 

 

 

 

 


TOP 教室の特徴 理念・概要 トレーナー紹介 生徒さんの声 コース/料金 レッスン場所 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム