【絢香さんの柔らかくパワフルな声の秘密〜メリハリの付け方】

【絢香さんの柔らかくパワフルな声の秘密〜メリハリの付け方】

 

2017.3.10 

 

こんにちは。
ChihiRoボイス・ボーカルスクール 代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

 

今回は、絢香さんの歌についてお話ししていきたいと思います。
絢香さんは、パワフルな声を出したり、柔らかく優しい声を出したりと、歌声のメリハリがとても素晴らしいです。

 

現にプロを目指すレッスン生の中には、「絢香さんみたいに歌えるようになりたいです!」という人がとても多いのです。

 

それだけ魅力的な歌ですし、天性のバランスを秘めた歌手の一人です。
絢香さんのような声を出すにはどのようにすれば良いのか、解説していきたいと思います。

 

 

【腹式呼吸での深い呼吸】
歌は体全体で歌わなければなりません。
その第一歩が腹式呼吸での発声です。

 

普段の生活も腹式呼吸になるくらい、無意識にできるようになるまでやりこんで下さい。

 

これができるようになると、当然普段の会話も腹式呼吸での発声になります。
これをベースにして歌でも活用しなければならないのです。

 

「そこまでやるのは無理だ!」と感じる方は辞めていただいて結構です。
それくらいの意思ではなかなかマスターするのは難しいのです。
続けなければ浅いままの呼吸になり、声も細く喉声のままになってしまいます。

 

まずは基礎の腹式呼吸という土台が出来ていないと良い声を出すのは不可能なのです。

 

【喉をしっかり開いた歌い方】
腹式呼吸と併せて行わなければならないのが、喉あけです。
レッスンをしていて、「喉を開けている感覚がわかりません」という方がたまにいます。

 

欠伸をする時の喉は完全に開いている状態です。
この時の開き具合は100パーセントです。
しかしそれでは重く眠たそうな声しか出ませんので、喉は60パーセントくらいのイメージで開きます。
欠伸をするように開くのですが、完全には開ききらない程度で抑えるといった感覚が近いかもしれません。

 

喉をしっかり開けて、腹式呼吸をしっかり行います。
そして喉の状態は変えずに声を出していきます。
すると太く芯のある声がでることがわかるはずです。

 

最初は母音の「あ」で行い、喉の状態は変えずに、口や舌の位置を変えて「い」「う」「え」「お」に変化していくのです。
(言葉によって喉の状態は変わりません)

 

これがしっかりできると、負担なく楽に太い声が出せるようになります。

 

 

【ウィスパーボイスと芯のある声の使い分け】
絢香さんのような太くパワフルな声を出すためには、前述したような基礎トレーニングを徹底することがとても大切なのです。

 

しかし、それだけでは絢香さんのような絶妙な強弱や、感情表現豊かな歌は歌えません。

 

ではどうすれば良いのか。
ウィスパーボイス(囁き声)と、芯のある声を使い分ける必要があります。
そのトレーニングの一つとして、遠くの人に向かって小さな声で全力で表現して歌う、というものがあります。

 

例えば30メートル先に人がいるとして、その人に向かって歌うのです。
普通はそれだけ距離が離れていれば大きな声で歌わなければ届きません。
しかし、声を届かせる練習では無く、強弱や感情表現を付けるための練習ですので、敢えて小さな声で行うのです。

 

小さな声で歌おうとすると、体全体で歌うという意識もなくなり、口先だけで小さな声で歌おうとすると思いますが違います。
前述の腹式呼吸や喉を開ける、といった基礎は確実に行った状態で、体全体で声を出したり表現する意識を持って30メートル先の人に向かって小さな声で歌うのです。

 

するとウィスパーボイス(囁き声)で一生懸命歌おうとするはずです。

 

ウィスパーボイスで一生懸命歌おうとすると、その声は切なさや悲しさ、優しさまで幅広く表現することができます。
芯のある声は、基礎をしっかり行った上で声をまっすぐ出せば誰でも出すことができますが、小さな声でウィスパーボイスでもしっかり表現できるという方はとても少ないです。

 

絢香さんのような表現豊かな歌を歌うためには、このウィスパーでの歌い方をどれだけ器用に扱えるかが大きなポイントになります。

 

【まとめ】
いかがでしょうか?
絢香さんの歌声は、呼吸等の基礎の上に、息使いやボリュームコントロールというとても難しいボーカルテクニックの要素が満載です。
本格的な歌唱技術にはボイストレーニングは必須ですので、まだボイストレーニングをやっていない方は、是非一度、無料体験レッスンにお越し下さい。

 

■/■/■/■/■/■/■/■/■/■/■
ChihiRoボイス・ボーカルスクールでは、
ボイトレの無料相談も承っております。
お問合せフォーム、もしくはTOPページの「LINEロゴ」からお問合せ下さいませ♪

 

 

 


TOP 教室の特徴 理念・概要 生徒さんの声 コース/料金 体験の流れ 体験予約 ボイトレコラム 更新情報 外部リンク